ポクチュク

メキシコ料理、豚肉のオレンジマリネ焼き

ポクチュク

メキシコは広い国土と多様な地形をもつ国です。このポクチュクはユカタン半島すなわちメキシコ東部の郷土料理と言われています。マヤの遺跡が豊富に残るユカタン半島で、古代から作られてきた料理と言われています。爽やかな味わいがグッドです。
材料(2人分):

豚肉(ロースやヒレ)・・・200gくらい(好きな量でよい)
オレンジ果汁・・・100mL
レモン果汁またはクエン酸・・・好みの量
・・・少々
こしょう・・・少々
・・・少々
調理時間:
作り方:

  1. 豚肉を厚さ1cm程度の薄切りにし、ビニールで挟んで麺棒で叩くなどして、厚さを8mmくらいにする。
  2. 食べやすい大きさに切る。
  3. 豚肉を広げて塩こしょうをぱらりとふる。好みで両面にふってもよい。
  4. オレンジジュースの味を見て、レモン果汁やクエン酸を足し、「酸味のきついオレンジ」の味を作る。
  5. ビニール袋などに豚肉を入れ、酸味がきつくなったオレンジ果汁を注ぎ、30分以上マリネする。
  6. 漬け汁をよく切り、油少々をひいたグリルで焼き筋がつくように焼く。
  7. Enjoy!
こつは:
・アチョーテ(ベニノキの色素)があればそれを加えるのも伝統的なレシピなので、食紅を少々加えてアチョーテの雰囲気を出してもよい。
・グリラーがないときは、魚焼き機の網の上で焼くと焼き筋がつきます。

Tips about cuisine

・ポクチュクのスペイン語(メキシコの公用語)の綴りは「Poc Chuc」。
・古代マヤ語で「ポク」(Poc)は「焼く」を、「チュク」(Chuk)は「炭」を意味する。つまりは炭火焼きという意味だが、メキシコでポクチュクと言えば豚肉のマリネ焼きを指す。
・鶏肉で同じように作った料理は「コチニータピビル」と呼ばれる。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です