バノック

バノック、米国料理、カナダ料理、スコーンの原型のようなパン

バノック

バノックは、米国やカナダの先住民が作る、イーストを使わず発酵しないパンのこと。揚げるバノックと焼くバノックがあり、形もいろいろなものがあります。現在はアウトドアの人気パンでもあります。今回は焼いたバノックですが、食べてみたら、これはスコーンと同じルーツをもつ料理だということに、その食感からきっと気が付くと思います。
材料(4人分、直径20cm、厚さ3cmくらい):

薄力粉・・・2C
ベーキングパウダー・・・小2
・・・小1/4
スキムミルク・・・大3
砂糖・・・大1
バター又はマーガリン・・・大4
砂糖・・・大1
・・・100mL
調理時間:(生地を寝かす時間を除く)
作り方:

  1. ボウルに薄力粉をふるい入れ、ベーキングパウダー、塩、スキムミルク、バター(又はマーガリン)を入れ、粉をバター(マーガリン)がなくなるまでバター(マーガリン)にこすりつけ、ぽろぽろそぼろ状に粉全体とバター(マーガリン)をなじませる。
  2. 水を加えてヘラでさっくり混ぜ、だいたいひとまとまりになったら、フタをして1時間~1晩放置。
  3. 20cmの円盤状に延ばすか、20cmの耐熱皿に敷く。
  4. オーブンで200℃、15分くらいを目安に焼く。
  5. Enjoy!
こつは:
・牛乳があれば、スキムミルクをなくして水を牛乳に変えればOK。
・小麦粉の一部を全粒粉に変えると風味がよくなります。
・焼き時間は、機種等によって異なると思うので、随時確認してください。
・私はタジン鍋で焼きました。

Tips about cuisine

・バノックの英語での綴りは「Bannock」。
・ケルト語に由来する言葉であると推測されており、スコットランドやアイルランド地方からもたらされたものだと考えられている。
・このバノックを切り分けたものをスコーンと呼ぶこともある。
・バノックの生地を一口大にちぎって油に落として揚げるバノックもある。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

2 thoughts on “バノック

  1. 小堀朝子 より:

    初めまして
    カナダ在住の友人が働き始めた所でバノックを作る記事を見てどのようなパンかと検索してみました。
    こちらのサイトが一番分かりやすく、レシピも想像できる範囲で素朴な味に惹かれて早速作ってみました。
    ベーキングパウダーが古かったのかあまり膨らまなくて残念でしたが厚かましくも友人のFBに貼るつもりです
    何よりも嬉しかったのは素晴らしい貴女のサイトを知ったことです。これからゆるゆると見せて頂くのが楽しみです。
    私は83歳の老婆で足腰目も悪くて今は旅行も無理ですが自然が大好きでネパールやフンザなどにも足を伸ばし登山も楽しみました。今は小さな菜園と庭で楽しんでいます。かってよく作ったケーキ類も立ち仕事が苦手になり食べる人も減ってしまい手軽なものでお茶を濁しています。
    長くなりましたが友人のFBにバノックの記事紹介を貼っても宜しいでしょうか

  2. 小堀さんの大変丁寧なコメントに心が温まっています。ありがとうございます。
    私もネパールやフンザの思い出が今も目に浮かびます。
    記事紹介を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です