カルドベルデ

カルドベルデ、ポルトガル料理、緑の濃いキャベツのポタージュ。

カルドベルデ

ポルトガルの優しい味のじゃがいもポタージュです。本場ではケール(チリメンキャベツ)という緑の濃いキャベツ味の野菜を刻んで入れるので、料理名にベルデ(緑)がついています。じゃがいもとキャベツの組み合わせは美味しくて飽きませんね。
材料(2人分):

オリーブ油・・・大1
にんにく・・・中国産サイズで1かけ分。
じゃがいも・・・2個
・・・600mL
・・・小1/3
キャベツの外葉・・・1枚
鶏がらスープの素・・・適量(味見で決める)
こしょう・・・少々
ソーセージ・・・1本
コーヒーポーション・・・あれば1つ
調理時間:
作り方:

  1. にんにくをみじん切りにして、小鍋でオリーブ油でゆっくり炒める。
  2. じゃがいもの皮をむいて5mmスライスにする。
  3. 小鍋に水とじゃがいもと塩を入れ、ゆでる。
  4. バーミックスやミキサーなどで、あるいはいったんボウルにあけてフォークでつぶすなどして、じゃがいもをよくつぶす。
  5. 再び加熱し、5mm幅に切ったキャベツの葉とソーセージを入れる。
  6. 味見をしながら鶏がらスープの素、こしょうを入れ、塩加減も含めて味を調える。
  7. ソーセージを取り出し、5mm厚さに斜めスライスする。
  8. 器にポタージュを入れ、ソーセージを乗せてできあがり。
  9. Enjoy!
こつは:
・キャベツの緑色が淡い場合は、からし菜など緑が濃い野菜を入れてもよい。
・チョリソーを使うとより本式です。
・フタをしないで煮ます。

Tips about cuisine

・カルドベルデのポルトガル語の綴りは「Caldo verde」。
・カルド(Caldo)はスープ類の意味。
・ベルデ(Verde)は緑の意味。ブラジルのポルトガル語ではベルジと発音する。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

2 thoughts on “カルドベルデ

  1. かの より:

    ポルトガル語でもポルトガルではほとんどの場合カルドベルデと発音します。
    ブラジルではカルドベルジと発音することが多いです。

  2. あー!ありがとうございます!!オブリガーダです!!(≧∀≦) ずっともやもやしていたんですよ。現地(ポルトガル南部)でどっちの発音も聞いてしまっていたので。図書館に行っても「ブラジルのポルトガル語」の本が多くて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です