チャプチェ

チャプチェ、韓国や北朝鮮のさつまいも春雨炒め

チャプチェ

在日韓国人も多い神戸元町で教わった、このチャプチェのレシピがお気に入りです。何度も作るうちに、味の加減など、調味料の分量が少しずつ私流に変わって、お気に入りの味になりました。葉野菜のナムル(私は三つ葉を使うチャムナムルがお気に入り)と、炒める野菜と、麺と、肉と。全部味付けが違うんです。だから、4つの料理を作って、最後にボウルの中で優しく混ぜ合わせることで、ただの肉野菜炒めヌードルでは決して出せない、澄んだ味わいが生まれるようです。
材料(2人分):

さつまいも春雨(タンミョン) ・・・100g(乾燥重量)

---
<肉と肉用のタレ(A)>

牛肉か豚肉・・・100gくらい。好みの量でよい。細切れ肉。
醤油・・・大2/3(A)
砂糖・・・大1/2(A)
ごま油・・・小1(A)
にんにく・・・1かけ分(A)すりおろす
こしょう・・・少々(A)

---
<三つ葉とナムルの味付け(B)>

三つ葉・・・1わ
ごま油・・・ごく少量(B)
・・・ごく少量(B)

---
<野菜>

しいたけ・・・2枚
にんじん・・・1/2本
長ねぎ・・・10cm
玉ねぎ・・・1/2個

---
<麺用のタレ(C)(やや多めに作っておきます)>

醤油・・・大3(C)
砂糖・・・大2(C)
ごま油・・・大1(C)
にんにく・・・2かけ分、すりおろす(C)
白ごま・・・大1(C)
・・・大2(C)
調理時間:(麺を戻す時間は含まない)
作り方:

  1. さつまいも春雨は料理する半日前には水につけて吸水させておく。
  2. 肉用のタレ(A)を合わせ、肉にもみこみ、しばし放置開始。
  3. 三つ葉をさっとゆで、水気をきり、5、6cm長さに切り、三つ葉のナムルの味付け(B)であえる。
  4. 野菜をすべて千切りにし、少々のサラダ油で炒め、塩少々で味付けする。
  5. 炒めた野菜はボウルに入れておく。
  6. そのフライパンで肉をつけ汁ごと炒める。
  7. 炒めた肉は野菜と同じボウルに入れておく。
  8. そのフライパンに水をきったさつまいも春雨を入れ、麺用のタレ(C)の半分を入れて弱火で炒め混ぜる。味見をして、濃いのが好みなら残りのタレ(C)を加えてください。
  9. さつまいも春雨が水分を吸って、透明感が出たら、肉と野菜が入っているボウルに移す。
  10. 三つ葉のナムルをそのボウルに入れる。
  11. 優しく全体を混ぜ合わせる。
  12. Enjoy!
こつは:
・さつまいも春雨を急いで戻すなら、ぬるま湯に3時間、または6、7分ゆでるやり方もありますが、半日以上かけて水に浸すのが一番美味しいです。
・麺用のタレが残ったら、千切りきゅうりや冷やしトマト、冷奴にかけても美味しいです。
・白ごまは最後にふりかけてもよいです。
・三つ葉のナムルは、そのときある葉野菜でよい。ニラ、水菜、ほうれんそうなど。

Tips about cuisine

・チャプチェはハングルで「잡채」
・チャプチェは中国語で「雜菜」
・チャプチェは日本の漢字で「雑菜」



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です