ターメリックチキン

ターメリックチキン

この料理に20文字程度でキャッチをつけるなら「酢醤油味のカレーというミクロネシア家庭料理」です。見た目も、それからターメリックというカレーの土台がしっかり入ることで風味もカレーなのに、この料理はクミンもカレー粉も入りません。これはカドゥンピカに属する料理であり、つまりは、フィリピンからチャモロ圏に分布する酢醤油煮としてのアドボ料理の一環です。この、酢醤油と唐辛子でチキンを煮込んでココナッツミルクの旨味がリッチな料理は、どうもフィリピン南部でも食べた記憶にとても近くて(フィリピンではアドボと呼んでいました)、それからグアムや北マリアナにもあって、ミクロネシアの文化を語る味なのだなあと、食べてしみじみと思いました。スパイスカレーなのに酢とか醤油とか、その量も多くてびびりますけれど、「食べてその国のことを思い出す」って、本当にいいレシピですね。美味しくて、白いごはんともどもぱくぱく食べられます。

わあ、これ、フィリピン南部かロタ島で食べた味っぽいw

まあ共通文化をもつ地域どうしだしな

太平洋の味って感じ。太平洋の北のほう

ココナッツミルクが入って美味しいのに、大したカレーになってないw 俺も太平洋の旅を思い出すなw

食べててその国のことを思い出すって、相当いいレシピだよね

カレーに酢醤油とか聞いただけでびびるけど、でもこれ、飯に合うな

彼らのアドボというか酢醤油味が崩れない上にカレー粉のベースの風味がくっきりしていて、それでいてカレーになりきらないあたりが、すごくチャモロフィリピン系というか、まあフィリピン自体広いし、海渡っちゃうともっと広いから一概には言えないのだけど

チューク(※FSM、ミクロネシア連邦)でも食べたなこういうの

これはこれで成功なんじゃない?

うん!美味しい~!


材料

3~4人分):

鶏肉(※1)
400~500 g(※1)
玉ねぎ
1/2個
にんにく
3かけ
赤唐辛子(※2)
1~2本
オリーブオイル
大2
大4
醤油
大4
こしょう
小1/2
砂糖
小1/2
ターメリック
大1
ベイリーフ
1枚
ココナッツミルク
1缶(400 mL)
  • ※1:鶏肉は好きな部位を使っていただけます。骨なしの場合は400 gくらい、手羽など骨が入る部位を使う場合は500 gくらい使うと良いと思います。写真は鶏胸肉で調理しています。
  • ※2:赤唐辛子は生(あるいは生の冷凍)を使うとよいです。ない場合は鷹の爪を使います。

調理時間

作り方

  1. 鶏肉を好きな大きさに切る。食べやすさを重視する場合は一口サイズで、鶏肉の噛み応えや存在感を出す場合はそれより大きく切る。
  2. 玉ねぎとにんにくをみじん切りにし、辛いのが好きな場合は赤唐辛子を切る。
  3. カレーを作る鍋にオリーブオイルを入れて中火で熱し、玉ねぎとにんにくを入れて香りが出るように炒める。
  4. 玉ねぎが柔らかくとろっとしてきたら鶏肉を入れ、両面に焼き色をつけるように香ばしく焼く。
  5. 酢、醤油、こしょう、砂糖、ターメリックパウダー、ベイリーフ、赤唐辛子を入れ、全体を混ぜながらいったん煮立てて、弱火にする。
  6. 辛くしたい場合は赤唐辛子を鍋の中で叩く。
  7. フタをして15~20分ほどゆっくりと火を通す。
  8. ココナッツミルクを加え、火加減を強めて熱くし、好みのとろみが出るように水分を飛ばしていく。
  9. 味見をし、酢加減や醤油加減や辛さ加減を好みに調えて出来上がり。
  10. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 手羽元など骨付き肉を使う場合、キッチンばさみの片方の刃を肉と骨の間に入れてから骨に沿って肉を切ると、肉が骨からはがれてほろほろに美味しくなります。
  • この料理はカドゥンピカに属する料理であり、ピカが辛いという意味なので、食べられる範囲で唐辛子の辛味を引き出すほうが美味しいです。
  • 現地では白いごはんに合わせていただきます。

Tips about cuisine

  • 「ターメリックチキン」の英語(グアム、北マリアナの公用語)の綴りは「Turmeric chicken」。
  • 「Turmeric」(ターメリック)はウコンないしウコンの粉(日本語ではターメリックパウダーで通じやすい)の意味で、「Chicken」(チキン)は鶏肉の意味。よって「Turmeric chicken」(ターメリックチキン)は「ターメリックで味付けした鶏肉料理」の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。