ガスパチョ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:白こしょう
白こしょう

  • :スペイン料理、アンドラ料理、セウタ料理、メリリャ料理、ジブラルタル料理

  • 現地表記

    :Gazpacho(スペイン語)

  • 概要

    :夏野菜とビネガーの冷製スープ

ガスパチョ

ガスパチョは生野菜をブレンドした冷たいスープ。単なるトマトジュースでは決してないので、複数の野菜が入って撹拌されることで、やや白いもったりがかった冷製スープになります。きゅうり、ピーマン、玉ねぎ、にんにくなどが液状に含まれていて、野菜の清涼感がとても気持ちよく、飲むと食欲が出ます。ダシもストックも入らないのにこんなに美味しいのは、言うまでもなく美味しい野菜で作った証の贅沢な美味ですね。だからガスパチョを美味しく作る秘訣は、野菜の旬の時期に作ること。これに尽きると思います。スーパーで野菜を買う人も、赤い熟れたトマトを見つけたらこれを是非作ってみてください。

材料

4人分):

にんにく
1かけ
パン(※1)
50 g
オリーブオイル
40 mL
トマト
大2個(※2)
玉ねぎ
40 g
きゅうり
100 g
ピーマン(※3)
1個
ビネガー(※4)
40 mL
小2/3
白こしょう(※5)
3ふり
水か氷(※6)
70 mL
  • ※1:時間が経って味が落ちてきたパンでよいです。なければパン粉でもよいです。
  • ※2:トマトの量は350 gくらいを想定しています。
  • ※3:赤ピーマンでも緑のピーマンでもよいです。
  • ※4:あれば白ワインビネガーを使います。なければ日本の酢でよいです。
  • ※5:白こしょうがなければ黒こしょうでよいです。
  • ※6:濃厚なガスパチョが好みなら水も氷も不要です。

調理時間

作り方

  1. にんにくを粗く刻んでミキサーに入れる。
  2. パンをちぎってミキサーに入れ、オリーブオイルを注いで、パンに吸わせる。
  3. 様子を見ながら少しずつミキサーをまわし、中身が均一になるようにする。
  4. トマト1つを手にもち、ヘタを取り、ミキサーの上で包丁でカットしながら加え、ミキサーをまわして中身を均一にする。
  5. 玉ねぎをちぎって入れ、ミキサーをまわして中身を均一にする。
  6. きゅうりのヘタを取り、ミキサーの上で包丁でカットしながら加え、ミキサーをまわして中身を均一にする。
  7. ピーマンのヘタと種を取り、上と同様にしてミキサーに加え、ミキサーをまわして中身を均一にする。
  8. 残りのトマトを上と同様にミキサーに加え、ミキサーをまわして中身を均一にする。
  9. ビネガーと塩と白こしょうを加え、ミキサーをまわして中身を均一にする。
  10. 味見をして塩加減や酸味加減を好みに調え、水か氷を入れてミキサーをまわして中身を均一にする。
  11. 器によそい、好みで仕上げのオリーブオイルやハーブ類、クルトン、野菜のちょい切り(いずれも分量外)を飾って出来上がり。
  12. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 伝統的製法ではまずにんにくとパンとオリーブオイルをすり鉢ですってペーストを作ります。このレシピでも、この3つの材料を先にミキサーでまわしてにんにくペーストを作っています。にんにくが後から入るとにんにくに辛味が立ってしまってよくないので、先ににんにくを入れて、にんにくがミキサーで撹拌される回数を多くします。
  • 具を入れてミキサーをまわし、また具を入れてミキサーをまわします。青と白のペンキを混ぜて水色を作るときも、最初から全量を入れて混ぜてもなかなか均一になりませんが、青と白を交互に少しずつ加えて混ぜるほうが早く均一になるのと同じ原理です。家庭用ミキサーは連続運転に制限があるので、休み休み作る必要があるのも理由です。
  • 黒こしょうよりも、あれば白こしょうのほうが、出来上がりの色をきれいに保つことができます。
  • 現地ではまな板を使わないでガスパチョを作る人が大変に多いので、是非まな板を使わずに現地風に作ってみてください。洗い物も減るメリットもあります。
  • 作ったあとで全体を冷蔵庫で冷やすなら水で作ってよいです。氷を入れて作るとすぐに美味しくいただくことができます。
  • 現地では、あまり冷やしすぎないようにと言われています。
  • ミキサーのほかハンドブレンダーでも作ることができます。
  • このレシピでは、完成時の総量が理論上約840 mLになります。
  • ゆで卵のみじん切りや生ハムを入れるレシピもあります。

Tips about cuisine

  • ガスパチョのスペイン語(スペイン、セウタ、メリリャの公用語、アンドラやジブラルタルでよく話される言語)の綴りは「Gazpacho」。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。