プードルアコロンボ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:クミンシード、コリアンダーシード、マスタードシード、黒こしょう粒、オールスパイスホール、フェヌグリーク、クローブホール
クミンシードコリアンダーシードマスタードシードこしょう粒オールスパイスホールフェヌグリーククローブホール

  • :サンバルテルミー料理、グアドループ料理、マルティニーク料理、サンマルタン料理、ハイチ料理、仏領ギアナ料理

  • 現地表記

    :Poudre à colombo(フランス語)

  • 概要

    :フランス系カリブ海のカレー粉

プードルアコロンボ

プードルアコロンボは、カリブ海の典型的なカレー粉のひとつです。唐辛子の辛さが入らず、マスタードが入り、カリブ海らしくオールスパイスやタイムが入る点が特徴です。カリブ海諸国には欧州列強の支配下だった時代に多くのインド系住民が移住してきました。彼らがカリブ海で定着させたカレーを、歴史を偲びながらしみじみと味わうことができます。

辛味スパイス料理レシピ

材料

100mL容器1つ分):

大1
クミンシード
大1
コリアンダーシード
大1.5
マスタードシード
小1
ブラックペパー
小1
オールスパイス
小1
フェヌグリーク
小1
クローブ
3本
ターメリックパウダー
大1/2
ナツメグパウダー
少々

調理時間

作り方

  1. 米と粒状スパイス(クミンシード、コリアンダーシード、マスタードシード、黒こしょう粒、オールスパイスホール、フェヌグリークシード、クローブホール)をフライパンで乾煎りする。
  2. パウダー状のスパイスを加え、一斉にスパイスミルやブレンダーにかけ、均一なパウダー状にする。
  3. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • レシピ中のクミンからクローブまでは、あればホールのスパイスを使います。なければパウダーを使うか、省きます。
  • 米を加えることでできあがりのカレーにとろみをつけます。
  • カリブ海には市販のプードルアコロンボが何種類もありますが、商品によって配合スパイスも変わってきますので、このレシピは一例にすぎません。
  • ジンジャーパウダーを入れるレシピもあります。
  • このレシピで理論上約大さじ5(約75mL)くらい作成できます。ただし空気の湿度が高いとよりかさ高くなるなどの変動はあります。
  • 保管中の吸湿が心配な場合は塩を省いて作ってもよいです。

Tips about cuisine

  • 「プードルアコロンボ」のフランス語(サンバルテルミー、グアドループ、マルティニーク、サンマルタン、ハイチ、仏領ギアナの公用語)の綴りは「Poudre à colombo」。
  • 「Poudre」(プードル)はパウダー、「à」(ア)は方向性を示すときに使う前置詞、「colombo」(コロンボ)はカリブ海定番のコロンボカレーの意味。つまり、プードルアコロンボは「コロンボカレー用の香辛料ミックスパウダー」といった意味になる。
  • プードルデコロンボ(Poudre de colombo)という呼び名もある。デ(de)は英語の「of」に相当する言葉。
  • プードルコロンボ(Poudre colombo)という呼び名もある。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です