プリ

  • :インド料理

  • 現地表記

    :पूड़ी(ヒンディー語)

  • 概要

    :風船のように膨らんだ揚げパン

プリ

プリ

この風船のように膨らんだパンは、インドの朝食の定番の1つ、それから軽食の定番の1つです。揚げているときや揚げたてのときは風船のように膨らんでいて、冷めてきてしぼむと、揚がった両面はサクサクとしてふわふわとして、サブジ(じゃがいもや豆のカレー)と一緒に食べると、至極美味なのです。やはり全粒粉を使うと、インドの風味が出て良いもので、このレシピは全粒粉で作りました。

やっと見つけた。「最たるインドカレー」の最強のレシピを公開!

材料

約8個分):

全粒粉(※1)
200g(※2)
150mL(※2)
小1/3
サラダ油
適量(※3)
  • ※1:全粒粉はパン用の小麦粉の売り場で取り扱っています。現地ではアタと呼ばれます。日本の市販品は現地のアタと色の加減が若干違う気もするのですが、ここでは日本で手に入るものを使っています。
  • ※2:粉と水の量は、そのとき粉に含む水分含量などにより変動します。
  • ※3:サラダ油は、揚げる鍋に深さ3cm以上入れる量のほか、生地や手につける量が必要になります。

調理時間

作り方

  1. ボウルに全粒粉、水、塩を入れ、手でよくこねる(粉っぽければ水を、水っぽかったら粉を適宜足す)。
  2. なめらかに均一にこね終えたら、生地の表面に油を塗って、1時間ほど置いておく。
  3. 揚げ物をする鍋に深さ3cm以上の油を入れておく。石やステンレスの台に薄く油を塗っておく。
  4. 手のひらに油を塗って生地を40g(ピンポン玉くらい)くらいちぎり、両手でまん丸にし、手のひらで円盤状につぶし、石かステンレスの上に乗せ、麺棒で厚さ2mm弱(おそらく直径10~12cmくらいになる)の円形に延ばす。
  5. 揚げ油を180℃に加熱し、生地を落とし、フチの色が変わった時点でひっくり返す。
  6. 円盤の面に幾つか空洞が出てきたらもう一度ひっくり返す。
  7. うまくいけばこのとき完全に全体が風船状に膨らむので、両面をキツネ色に揚げたらバットの上に取り出す。
  8. この作業を繰り返して、すべての生地を揚げる。
  9. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • このレシピでは8個分としましたが、現地でもさまざまなサイズにて作られているため、1つのサイズにより作れる個数が変わります。
  • ホームベーカリーを使って自動で生地をこねると作業が極めて楽になります。
  • 延ばしたとき厚さが3mm以上あると風船にならないので、2mm弱の厚さを目指します。厚さのイメージとしては、餃子の皮が2枚重なったような厚みに延ばすとよいです。
  • 揚げる温度は、生地の切れ端を落としたときに瞬時に火が通ってプクーと膨らむ温度を目安にします。

Tips about cuisine

  • 「プリ」のヒンディー語(インドの連邦公用語)の綴りは「पूड़ी」。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です