チョレ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:シナモン、カルダモン、コリアンダー、クミン、ターメリック、カイエンペパー
シナモンカルダモンコリアンダークミンターメリックカイエンペパー

  • インド料理、パキスタン料理

  • 現地表記

    :Chole(英語アルファベット表記)

  • 概要

    :ヒヨコマメのカレー

チョレ

インドの最北部のあたりに、パンジャブという地域があることはよく知られています。でもあまり知られないのかもしれませんが、パンジャブの大部分はパキスタンに広く広がっています。昔南アジアの一帯が広大な英領インドだった時代、インドは宗教意識を煽り、宗教で分割統治し、宗教で国を分割するに至りました。もともとパンジャブではヒンドゥー教徒もイスラム教徒も仲良く暮らしていたのに、宗教の線引きで分離独立に至ったため、イスラム教徒は西に移動し、ヒンドゥー教徒は東に移動し、こうしてパンジャブはパキスタン独立時に分断されたのです。民族問題が煽動され、同じくインド北部のカシミール問題とあわせて、インドとパキスタンの現在の状況が生まれています。もともとパンジャブは農作物に恵まれる農耕地帯。この滋養あふれるヒヨコマメのカレーは、パンジャブではポピュラーな人気のおかずです。

あったか料理レシピ

あったか料理レシピ  スパイスレシピ検索

材料

2人分):

ヒヨコマメ
1C(※1)
紅茶の茶葉
ティーバッグ1つ
アムラ(※2)
小さめを1つ
シナモン
500円玉面積程度
カルダモン
ホールを3つ
豆がかぶるくらい
にんにく
1かけ
生姜
にんにくと同体積
玉ねぎ
中1/2個
トマト
小1個
サラダ油
大2
コリアンダーパウダー
大1
クミンパウダー
小1/3
ターメリックパウダー
小1/3
カイエンペパーパウダー
小1/4
小1/3
  • ※1:ヒヨコマメは、水で戻してゆでた状態または水煮缶の中身として1Cとしています。
  • ※2:アムラは現地の酸っぱい果実です。代用は梅干しがよいです。

調理時間

(乾燥豆を使う場合の戻し時間を除く)

作り方

  1. 乾燥ヒヨコマメを使う場合はあらかじめ1晩水に浸けたのちゆでておく。缶詰のヒヨコマメを使う場合は軽く洗っておく。
  2. 小鍋にヒヨコマメ、紅茶のティーバッグ、アムラ(または梅干し)、シナモン、カルダモンを入れて、豆がかぶる量の水を注いで中火にかけ、煮汁がほとんど飛ぶまで煮詰め、ティーバッグとアムラ(梅干し)を取り除く。
  3. にんにく、生姜、玉ねぎ、トマトを電子レンジでアツアツに加熱してからハンドブレンダーやすりばちで潰し、別の小鍋に入れる。
  4. その小鍋にサラダ油を入れ、にんにくや生姜の香りが出るように炒める。
  5. コリアンダーパウダー、クミンパウダー、ターメリックパウダー、カイエンペパーパウダー、塩を加えて更に炒め、カレーペーストのような稠度にする。
  6. ヒヨコマメを煮汁ごと加え、加熱しながら全体を混ぜる。
  7. 味見をして、塩加減やスパイス加減を好みに調える。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 紅茶の茶葉のかわりにプーアル茶の茶葉でもよいです。
  • にんにく、生姜、玉ねぎ、トマトは、みじん切りにして油で炒めてもよいのですが、固形が残らないほうが舌触りよく食べられる上、旨味も出るので、電子レンジ加熱してからすり潰しています。
  • 写真では仕上げに玉ねぎスライストッピングしています。千切り生姜をトッピングするレシピもあります。
  • 水分の飛ばし加減は好みによります。もっと汁気少なく、カラカラに作るレシピもあります。

Tips about cuisine

  • 「チョレ」のパンジャブ語(インド北部パンジャブ州公用語)の綴りは「ਛੋਲੇ」。
  • 「チョレ」のヒンディー語(インドの連邦公用語)の綴りは「छोले」。
  • 「チョレ」のウルドゥ語(パキスタンの公用語)の綴りは「چھولے」。
  • 「チョレ」の英語アルファベットの綴りは「Chole」。
  • 「チョレ」はヒヨコマメの意味である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。