カイマック

  • :アゼルバイジャン料理、ウズベキスタン料理

  • 現地表記

    :Qaymaq(アゼルバイジャン語、ウズベキスタン語)

  • 概要

    :乳脂肪分をフレッシュバターのように

カイマック

私が「カイマック」と呼ばれる美味しい乳脂肪分に初めて出会ったのは、内紛で有名なボスニアヘルツェゴビナでした。それから、遠く離れたキルギスでは、泊ったお宿のお母さんが毎朝搾乳し、クリームを分離してカイマックを得ていました。何千kmも離れたところで、同じ文化に出会えた感激と、ユーラシア大陸に広大に広がる伝統文化と、そのフレッシュなバターのあまりの美味しさに、「カイマック」と聞くだけで条件反射的にうっとりしてしまいそう。本来は牛から搾乳した乳を温めて手動で遠心分離しますが、生の乳はまず得られないので、市販の生クリームをスタートとして機械的に分離する方法でカイマックを作っています。パンに塗るとびっくりするほど美味しいです。

材料

(作りやすい量):

動物性クリーム
1パック(※1)
  • ※1:市販の動物性の生クリーム200mLを想定しています。

調理時間

作り方

  1. 生クリームを、ハンドブレンダーのホイッパー機能やハンドミキサーで、分離するまで撹拌する。
  2. 分離により生じた半固形の部分をすくいとり、キッチンペーパーの上にしばらく乗せ、余剰の水分を吸わせてできあがり。
  3. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 植物性ではなく、必ず動物性クリームを使います。
  • 理論上、脂肪分35%の材料を200mL使うと70mLのクリームが取れます。すなわち、製品の脂肪分が高いものを買い求めると、同じ作業工程でも収量が多くなります。
  • 分離した水層部分は「バターミルク」と呼ばれる液体です。料理やパンこねなどに利用できます。

Tips about cuisine

  • 「カイマック」のアゼルバイジャン語(アゼルバイジャンの公用語)、ウズベキスタン語(ウズベキスタンの公用語)の綴りは「Qaymaq」。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です