ニョッキ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:ナツメグ
ナツメグ

  • :イタリア料理、バチカン料理、マルタ料理、サンマリノ料理、アルゼンチン料理、ウルグアイ料理、スイス料理

  • 現地表記

    :Gnocchi(イタリア語)

  • 概要

    :小麦粉とじゃがいもをこねて作るゆでパスタ

ニョッキ

ニョッキ、と言えば、響きがちょっとご馳走風で素敵ですね。実はこれは、自宅で作れる、最も簡単な手打ちパスタではないかと思っています。小麦粉とじゃがいもが入って、風味も抜群。トマトソース、チーズソース、ホワイトソース、ハーブソースなど、バリエーションも豊かで楽しい。一度にたくさん作って生地を冷凍することもできますし、日常生活にニョッキを取り入れるのは、素敵なことではないかと思っております。

ハロウィン料理レシピ

ハロウィン料理レシピ  スパイスレシピ検索

材料

6人分):

じゃがいも
1kg
小麦粉(※1)
200g(※2)
2個
ナツメグ
少々
小1/2
  • ※1:小麦粉の種類は問いません。薄力粉を使うと軽い仕上がりになり、中力粉や強力粉を使うと重い仕上がりになります。
  • ※2:打ち粉に使う分を含まないので、実際はもっと多くの小麦粉を使います。

調理時間

作り方

  1. 大きめの鍋にじゃがいもを入れ、かぶるように水を入れて15分あるいは中心に火が通るまでゆでる。
  2. その間に小麦粉を計量し、ボウルに卵とナツメグと塩を入れておく。
  3. じゃがいもがゆであがったら、皮をむき、ボウルに入れ、小麦粉をまんべんなくふりかけてマッシュし、全体が均一になるように軽く練る。
  4. 台の上に小麦粉(分量外)を打ち粉にしてまき、生地を直径2~3cmの棒状に延ばし、2cm長さにカットする。
  5. 大きめの鍋に新しく水を入れ、多めの塩(分量外、例えば水4Lに対し塩大さじ2)を入れて沸騰させる。
  6. 湯が沸くまでの間に、生地を軽く手のひらで丸くしてから小さな小判状につぶし、フォークの背をあてて反り返らせるようにしてスジをつけ、打ち粉をふりかけておく。
  7. 沸騰したらニョッキを入れてゆでる。2~3分すると浮いてくるので、すくいあげる。
  8. トマトソースやチーズなど好きな味付けでいただきます。
  9. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 薄力粉を用いると軽い仕上がりのニョッキになります。強力粉だともちもち重いニョッキが出来ます。
  • 強力粉を使うほうが生地をまとめやすいので、最初は強力粉を使用し、慣れたら薄力粉を使うのもよいです。
  • 好みの生地の柔らかさによって小麦粉の使用量が変わるので、レシピよりも小麦粉を増やしてもよいです。
  • 練りすぎると仕上がりが重くなるので、生地が大体均一になればよいです。
  • じゃがいもの生煮えの部分がなければ、じゃがいもが粗く残っても大丈夫です。
  • 生地を丸くしてフォークでスジをつけるように成形して打ち粉をかけた状態で、冷凍保存することができます。
  • 冷凍保存した生地をゆでるときは、冷凍したままゆでます。

Tips about cuisine

  • ニョッキのイタリア語(イタリア、サンマリノ、バチカン、スイスの公用語)の綴りは「Gnocchi」。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です