水煮牛肉(シュイジューニューロー)

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:花椒、あらびきチリペパー
花椒花椒

  • :中国料理、台湾料理、香港料理

  • 現地表記

    :水煮牛肉(中国語)

  • 概要

    :肉と野菜のスープ煮に辣油をたくさんかけたもの

水煮牛肉(シュイジューニューロー)

これは私の大好物の料理です。中国では特に四川省など唐辛子を多用する地域の料理として知られますが、料理名の覚えやすさとあいまって、各地に広まっています。「水煮」の料理名の通り、野菜や肉をスープ煮にしてますが、仕上げの大量の「麻辣油」が素晴らしい。この料理は、赤い油の中から肉を拾って食べるのです。花山椒の香りがこれまた素晴らしい。「ミーファン!」(米飯)、つまり、食堂でこれを注文するとき、必ずや「白いごはんもつけてね!!」と言いたくなる味です。どうでしょう、見た目も味も本格的な中華を、自宅でも楽しみませんか。

夏向き料理レシピ

夏向き料理レシピ  スパイスレシピ検索

材料

2人分):

牛薄切り肉
200g
片栗粉
大2
小1/2
大2
白菜(※1)
200g
花山椒ホール
大1
砕いた唐辛子(※2)
大2
にんにく
2かけ
生姜
にんにくと同量
ねぎの白い部分
15cm
サラダ油
大2
豆板醤
大1
550mL
大1
小2/3
オイスターソース
小2
鶏がらスープの素
小1/2
味の素
好みで少々
花椒パウダー
小2
サラダ油
大4
コリアンダーの葉
少々(※3)
  • ※1:白菜のほか、チンゲンサイやターツァイなどを使用してもよいです。長ねぎの白い部分を入れてもよいです。
  • ※2:砕いた唐辛子は、キムチ用唐辛子や、あらびきチリペパーなどの商品があります。
  • ※3:コリアンダーの葉はパクチーと呼ばれるものです。仕上げに器にトッピングする量があればよいです。ない場合、イタリアンパセリや刻んだ小ネギで代用できます。

調理時間

作り方

  1. 牛薄切り肉を食べやすい大きさに切って、ボウルに入れ、片栗粉、塩、酒を入れてやさしくもむ。
  2. 白菜を食べやすい大きさに切り、洗ってザルにあげておく。
  3. 花山椒ホールと砕いた唐辛子を強火に熱した小鍋に入れてごく短時間ローストして、色を若干つけて香りを出し、取り出しておく。
  4. にんにくと生姜とねぎをみじん切りにする。
  5. 中華鍋かフライパンに油大2を入れて強火にし、にんにく、生姜、およびねぎを炒め、豆板醤を加えて全体になじませて赤い油を作る。
  6. 水、酒、塩、オイスターソース、鶏がらスープの素、好みで味の素、白菜を入れて煮る。
  7. 味見をして、塩加減などを好みに調える。
  8. 白菜がくたくたに煮えたら、白菜を取り出して器に入れる。
  9. 残ったスープに肉を加え、肉に火が通って白くなるまで調理する。肉は火が通りたての状態にするため、長時間料理しない。
  10. スープに花椒パウダーを入れて混ぜ、肉とスープを器に入れる。
  11. ぬれた台ふきんを用意。
  12. 小さなフライパンか小鍋にサラダ油大4を入れて強火にかけ、花椒ホールと砕いた唐辛子を入れてさっと混ぜるとすぐ辛さと香りと赤い色が出て麻辣油が出来るので、直ちにぬれた台ふきんの上に置いてこれ以上黒くなるのを防ぎ、麻辣油を器にジュッと注ぐ。
  13. 器の水面を赤い麻辣油が覆うように、スプーンで赤い麻辣油を広げ、コリアンダーの葉を飾りに乗せて出来上がり。
  14. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 牛肉を片栗粉と共にもむとき、卵白を入れるレシピもありますが、卵黄が余ってしまうのでこのレシピでは使っていません。
  • 赤い麻辣油を作るとき、加熱時間が長くなると唐辛子や花山椒が黒く焦げてしまうので、ぬれた台ふきんを用意しています。
  • 赤い麻辣油は、今回は1人大さじ2を作りますが、現地ではもっと大量に麻辣油を注ぐレシピもあります。

Tips about cuisine

  • 「水煮牛肉」(シュイジューニューロー)のピンインは「shuǐ zhǔ niú ròu」。
  • 「水煮」(シュイジュー)は水煮ないしスープ煮の意味。「牛肉」(ニューロー)は牛肉の意味。よって「水煮牛肉」(シュイジューニューロー)は、スープ煮にした牛肉の意味になる。
  • 「水煮牛肉」は、繁体字、簡体字、日本の漢字のいずれも同じ表記である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です