ボボールモアン

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:あらびきガーリック、こしょう
あらびきガーリックこしょう

  • :カンボジア料理

  • 現地表記

    :បបរមាន់(クメール語)

  • 概要

    :美味しい具材が入った鶏粥

ボボールモアン

カンボジアの料理はクメール料理。歴史の長さもあり、食材が豊かで、とても奥が深いくて、まだまだ全然学びの入り口です。現地では朝食によくお粥を食べました。ボボールモアンはそのまま「鶏粥」という意味なのですが、日本で鶏粥と言えば鶏肉とお米のシンプル料理を思い描くところ、ゆでたレバーをチョイと入れてくれたり、何やら野菜を乗せてくれたり、屋台のおばさんのところで食べる鶏粥はにぎやかで楽しいものでした。現地ではイカの干物(スルメ)を使うレシピもあったので、このレシピでは、一夜干しのイカを入れて、また初夏の旬のインゲンを入れて、にぎやかで楽しい鶏粥を作っています。にんにくのダシも出ていて、とても美味しいですよ。

スタミナ料理レシピ

スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索

材料

6人分):

1.5合
春雨
好きな量(※1)
2L
玉ねぎ
1/2個
インゲン
10本
サラダ油
大1/2
鶏肉(※2)
150g
イカ一夜干し(※3)
100g
ナンプラー
大2~4(※4)
小1/2~1(※4)
こしょう
少々
にんにく(※5)
少々(※6)
小ネギ
10本
  • ※1:春雨は、10~30gくらいでよいです。
  • ※2:鶏肉はどの部位でもよいですが、皮がないほうが調理しやすいです。
  • ※3:イカの一夜干しはゲソを使うと良い味が出るように思います。スルメを使ってもよいです。
  • ※4:ナンプラーの風味が好きならナンプラーを多くして塩を減らします。ナンプラーが苦手ならその逆にします。
  • ※5:生にんにくでも乾燥にんにくでも構いません。
  • ※6:生にんにくなら1/2かけ、乾燥にんにくは小1/2くらいでよいと思います。

調理時間

(米の吸水時間を除く)

作り方

  1. 米を水(分量外)に浸け、米が白くなったらザルにあげておく。
  2. 春雨をボウルに入れ、水(分量外)に浸けておく。
  3. 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰させる。
  4. 玉ねぎを千切りにし、インゲンを5cmくらいの長さに切り、フライパンに入れて、サラダ油で半生程度に炒め、インゲンはトッピング用に取り分けておく。
  5. 沸騰した湯に鶏肉とイカを入れて、火を弱め、イカに火が通ったらイカを取り出し、鶏肉に火が通ったら鶏肉を取り出す。鍋はまだ弱火にかけておく。
  6. 米を入れ、くっつかないように菜箸でぐるぐる混ぜる。
  7. 春雨を5cm長さに切り、鍋に入れる。
  8. ナンプラー、塩、こしょう、にんにく、玉ねぎを鍋に入れ、米粒がくっつかないようにときどきお玉でかき混ぜながら煮る。
  9. 米を煮ている間に、イカを食べやすい大きさに切り、鶏肉をフォークで裂き、小ネギを小口切りにしておく。
  10. 米が煮えて割れたら、塩加減、ナンプラー加減、水加減などを好みに調える。
  11. 器に粥を盛り、鶏肉、イカ、インゲン、小ネギをトッピングして出来上がり。
  12. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 米を水に浸ける時間は、冬は長くて夏は比較的短時間なので、調理工程には記載していませんが、普段の炊飯と同様でよいです。
  • 途中で煮詰まるなどして水が足りなくなった場合は、水を足してゆるく戻します。
  • 米が割れた良い粥にするために、ときどきかき混ぜ、じっくりと炊いています。
  • 作った当日に食べるとお米の味とスープの味がなじんでいないけれど春雨の美味しさが味わえます。作った翌日に食べると春雨の食感はなくなっているけれどお米とスープの味がなじんだ美味しさが味わえます。
  • パクチーを刻んで加えても美味しいです。

Tips about cuisine

  • 「ボボールモアン」のクメール語(カンボジアの公用語)の綴りは「បបរមាន់」。
  • 「បបរ」(ボボール)は粥、「មាន់」(モアン)は鶏の意味。よって「បបរមាន់」(ボボールモアン)は鶏粥の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です