ファロファ

  • :ブラジル料理

  • 現地表記

    :Farofa(ポルトガル語)

  • 概要

    :にんにく風味のキャッサバ粉

ファロファ

ブラジルでは、レストランでも家庭でも、食卓にはファロファがあります。キャッサバ粉を炒めてカリカリっとした食感を楽しむ料理の「ふりかけ」です。肉にかけたりごはんにかけたりサラダにかけたり煮豆にかけたり。でもこのファロファ、とっても美味しくて、実にブラジル料理の小さな立役者だなと感じます。ファロファの作り方や材料は家庭や調理人によりさまざまですが、私がいただいたファロファはガーリック風味がとっても美味しかったので、私が作るファロファはいつもにんにくを細かくして加えるものです。

材料

作りやすい量):

バター
大1/2
にんにく
1/2かけ
乾燥キャッサバ粉(※1)
150mL
  • ※1:GARI(ガリ)の名前で輸入食材店で取り扱われています。タピオカデンプンではないので混同しないように。

調理時間

作り方

  1. 小鍋にバターを入れ、弱火で加熱して融かす。
  2. にんにくを細かいみじん切りにし、小鍋に入れ、中火で加熱してよい香りを出す。
  3. 乾燥キャッサバ粉を入れ、木べらで全体を混ぜながら、油分とにんにくとキャッサバ粉が均等に混ざるようにする。
  4. フライパンを返しながらキャッサバ粉を乾煎りし、キャッサバ粉に火が通ったら出来上がり。
  5. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • ファロファはしょっぱいものではないので、塩はバターの塩分のみのしました。物足りないときはひとつまみ加えてもよいです。
  • テフロン製の鍋を使うと乾燥キャッサバ粉により傷つくため、テフロンを避けるほうがよいです。
  • にんにくのかわりに玉ねぎを使って作るファロファもあります。
  • バターの代わりにデンデ(オレンジ色が鮮やかなパームオイル、決して白いココナッツオイルではない)を使うレシピもあります。

Tips about cuisine

  • ファロファのポルトガル語(ブラジルの公用語)の綴りは「Farofa」。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です