ムルギムチ

  • 韓国料理、北朝鮮料理

  • 現地表記

    :물김치(ハングル・チョソングル文字)

  • 概要

    :水キムチ。唐辛子を加えず水を多くして漬ける浅漬け。

ムルギムチ

「ゆっくり発酵」の水キムチは、赤いキムチと違って材料が複雑でないので、忙しい毎日でも気軽に作りやすいのが良いですね。韓国や北朝鮮の水キムチは、赤いキムチと違って動物性の材料が入りません。植物性だけで作るというベジ志向も、嬉しいものです。現地では、冷麺の汁など、発酵の旨味が出た水キムチの汁を料理に使いますから、美味しい副産物が出来るのも水キムチの良い点です。いろいろな作り方がありますが、ここでは私が好きな、シンプルで単純な、だけれども発酵の美味を味わえるレシピを掲載しました。

材料

(作りやすい量):

野菜(※1)
300g
小1/2
にんにく
1かけ
唐辛子
好みで少々
砂糖
小1/2
水(※2)
適量(※3)
  • ※1:大根、カブ、きゅうり、にんじんなど硬い野菜がよいです。
  • ※2:真水を使っても水キムチを作ることができますが、あれば米のとぎ汁を薄めて使うと発酵が美味しく進みます。
  • ※3:水の量は漬物容器で野菜が漬かる量とします。容器のサイズや形によって変わります。

調理時間

(発酵に要する時間を除く)

作り方

  1. 野菜を薄切りにする。
  2. 漬物容器に野菜を入れ、塩をふって全体を混ぜ、1時間置く。
  3. にんにくを千切りにし、漬物容器に入れ、唐辛子や砂糖も加えて全体を軽く混ぜる。
  4. 野菜が浸る量の水を入れ、重石をして、フタをして発酵を待つ。
  5. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 発酵にかかる時間は気温によって異なり、気温が高いと短時間で発酵します。よって、半日ごとに様子を見て食べ時を決定します。冬に暖房を入れない台所で3日くらいを目安にしています。
  • 食べ頃と思えるほど野菜の発酵の旨味が出たら、保存容器に移し替えて冷蔵庫に入れてもよいです。
  • 唐辛子を入れる場合は、韓国産キムチ用唐辛子として売られているものが、辛さがマイルドなのでよいです。鷹の爪や一味唐辛子を使う場合は辛いことを前提にし、量を少なめにするように気をつけます。
  • 米のとぎ汁は薄めでよいです。米のとぎ汁がなければ、いったん少々の米粉や片栗粉を入れて沸騰させてから冷ました水でもよいです。現地ではじゃがいものゆで汁を使う人もいます。
  • 水の表面に白い膜が張っても異常ではなく、発酵の菌です。しかし膜が多いと食べにくいし気になると思うので、適宜除去するか、増殖しすぎないうちに中身を別容器に移し替えて冷蔵庫保存に切り替えるなどの対応をするとよいです。

Tips about cuisine

  • 「ムルギムチ」のハングル文字・チョソングル文字(韓国や北朝鮮の文字)での綴りは「물김치」
  • 「물」(ムル)は水の意味、「김치」はキムチ(すなわち漬物)の意味。
  • 「김치」は単語後半に位置するので「ギムチ」の音になり、「물김치」は「ムルギムチ」の音になる。
本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です