ラッハムマラック

  • アラブ首長国連邦料理

    、バーレーン料理、クウェート料理、カタール料理、サウジアラビア料理、オマーン料理

  • 現地表記

    :مرق لحم(アラビア語)

  • 概要

    :湾岸アラブの肉野菜スープ

ラッハムマラック

遊牧民の暮らすアラビア半島には「マラック」という、肉や骨の旨味をスープに引き出す文化があります。「サルーナ」は今は石油で裕福なガルフ諸国でよく呼ばれる名称で、別名「ラッハムマラック」(肉入りスープ)とも言います。余ってもよいくらいたっぷり作る、くらいのほうが美味しく出来上がる気がします。

材料

8人分):

玉ねぎ
1~2個
にんにく
3~4かけ
サラダ油
大1
2L
骨つき羊肉(※1)
8切れ
トマト(※2)
1~2個
にんじん
1~2本
じゃがいも
4~5個
乾燥レモン(※3)
輪切り2枚分
クミン(※4)
小1/4
シナモン(※4)
1かけ
ターメリック(※4)
小1/4
ナツメグ(※4)
小1/4
コリアンダー(※4)
小1/4
小2
コリアンダーの葉
少々
  • ※1:冷凍マトンは骨付きのものが美味しいです。私はネット通販で安く買って冷凍庫に置いています。
  • ※2:生トマト2個のかわりにトマト缶1つ(400g)でもよいです。
  • ※3:乾燥レモンは現地の必須アイテムなのですが、乾燥品がなければ生レモンスライス1つでもよいし、日本で流行った塩レモンを1切れ入れてもよいです。なければ入れなくてもよいです。
  • ※4:現地では「ベサル」(Bezar)というスパイスミックスをよく使います。クミン、シナモン、ターメリック、ナツメグ、コリアンダーなどが入ったミックスなので、これらを単品で持っている場合は少しずつ加えるとよいです。なければガラムマサラを小1、あるいはカレー粉を小1などで代用できます。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎとにんにくを粗みじん切りにする。
  2. 鍋に油を入れ、玉ねぎとにんにくを入れて中火でしばらく炒める。
  3. 鍋に水を入れ、冷凍マトンを入れ、火を強めて沸騰させる。
  4. にんじんとじゃがいもの皮をむき、2cmの角切りにして鍋に入れる。
  5. トマトは粗く刻んで汁ごと鍋に入れる。
  6. ドライレモン、スパイス各種、塩を入れて、フタをして1時間弱火でことこと煮る。
  7. 味見をして、塩加減や香辛料の加減を好みに調える。
  8. 器に盛り、好みでコリアンダーの葉を散らす。
  9. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • もとはアラビア半島の砂漠の料理で、骨と肉の旨味がベースになります。よって骨付き肉を使うと現地の味に近くなります。
  • 玉ねぎとにんにくを炒めるときは、火加減を弱めにして放置する感じでよいです。
  • トマトの皮はむかなくてよい。
  • 乾燥レモンの作り方は、ルーミのページを参照。
  • 伝統的には野菜は少ない(あるいは入らない)料理なので、写真のように具だくさんにしなくてもよいです。
  • 現地では炊いた米と一緒にいただくことが多いです。

Tips about cuisine

  • 「ラッハムマラック」のアラビア語(クウェート、バーレーン、カタールアラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーンの公用語)の綴りは「مرق لحم」。
  • 「لحم」(ラッハム)は肉、「مرق」(マラック)は肉や骨を煮て得るダシ汁ないしブイヨンのような意味。よって「مرق لحم」(ラッハムマラック)は、「肉スープ」のような意味になる。特に魚でマラックを作る地域では、ラッハム(肉)を料理名につけないと混同する。
  • イエメンソマリアも含めた広域の国々で「マラック」と呼ばれる料理が、ガルフ諸国では「サローナ」とも呼ばれる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です