サンバルトラシ

  • :インドネシア料理、東チモール料理

  • 現地表記

    :Sambal Terasi(インドネシア語、テトゥン語)

  • 概要

    :トマトの入ったエビ風味の唐辛子ペースト

サンバルトラシ

インドネシアなどの東南アジアの国では、いろいろな料理に「サンバル」という辛味調味料が添えられます。唐辛子のほかにはトマトが入ることが多く、また、にんにくやトラシ(発酵エビ調味料)で良い香りと旨味をつけることも多くあります。材料の組み合わせは無限大で、よって無数のサンバルが知られています。今回作ったのは、トラシを使った、比較的頻繁に見かけることのできるタイプのサンバルです。これを、日本の我が家でも簡単に作れる方法で再現しました。

材料

作りやすい量):

赤唐辛子(※1)
20本(※2)
トマト(※3)
中2個
発酵エビ調味料(※4)
小1/2(※5)
にんにく
1かけ
玉ねぎ(※6)
1/8個分
レモン果汁
小1/2
砂糖
小1/2
小1/3
大2
  • ※1:生の唐辛子があれば良いですが、なければ乾燥鷹の爪をぬるま湯に浸して戻す方法もあります。
  • ※2:鷹の爪サイズで20本使用しました。唐辛子のサイズや辛さの好みによって、増減していただけます。
  • ※3:生のトマトの代わりにトマト缶を使用してもよいです。
  • ※4:発酵エビ調味料は、インドネシアのトラシのほか、タイのカピやフィリピンのバゴオン、シンガポールのブラチャンなどでも代用できる。それらがなければエビの頭の中の、いわゆる「エビ味噌」を使うなどの工夫もできると思う。
  • ※5:エビの匂いが濃厚なものが好みであれば、たくさん入れてよいです。
  • ※6:紫玉ねぎがあるとよいです。なければ黄玉ねぎでよいです。

調理時間

作り方

  1. 油以外の材料をすりばちでするか、又はバーミックスやブレンダーでなめらかなピューレにする。
  2. 小鍋に油を入れて中火にかけ、ピューレを入れて、ヘラで混ぜながら緩やかに煮詰めていく。
  3. 途中で味見をして、塩加減やエビくささを好みの感じにする。
  4. 水分が少なくなってもったりしたら出来上がり。
  5. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 唐辛子の種は取っても取らなくてもよいです。
  • 塩や砂糖などの味付けの調味料は、鍋で煮詰める段階で味を見ながら加えることもできます。
  • 発酵エビ調味料が固形ならば、最初に軽く炙ると美味しいです。

Tips about cuisine

  • サンバルトラシのインドネシア語(インドネシアの公用語)やテトゥン語(東チモールの公用語)での綴りは「Sambal Terasi」(ただし東チモールの場合はインドネシアの言葉の流入かもしれず、この点は検証が終わっていない)。
  • 「Sambal」(サンバル)は料理に添えるピリ辛ペーストの総称で、「Terasi」(トラシ)は発酵エビ調味料の意味である。よって、「Sambal Terasi」(サンバルトラシ)は、「エビ風味のピリ辛ペースト」という意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です