フォーガー

  • ベトナム料理

  • 現地表記

    :Phở Gà(ベトナム語)

  • 概要

    :平たいライスヌードルと鶏肉入りのスープ

フォーガー

本格的な味のフォーができた~\(^o^)/ 決め手はコリアンダーパウダーとシナモンとナンプラーでした!! 主要炭水化物を米に依存しているベトナムでは、米はごはんを炊くだけではなく、ライスヌードルになり、ライスペーパーにもなり、様々な料理に使用されています。ベトナム全土で愛されているフォーはそのライスヌードルを使った美味しい麺料理です。香りにくせのある野草や野菜類をトッピングすることで、一層スープが美味しくなります。

材料

3人分):

玉ねぎ
1/4個
カルダモンホール
あれば1粒
クローブホール
あれば1粒
シナモンホール
2cm×2cm
1L
生姜
薄切り2枚
鶏がらスープの素
小2(※1)
ナンプラー
大1.5
砂糖
小1/3
コリアンダーパウダー
小1強
こしょう
ひとふり
鶏胸肉
150~200g
サラダ油
小1
適量(味見で決める)(※2)

<フォーの麺>

フォー乾麺(※3)
300gくらい

<トッピング>

玉ねぎ
1/4個
小ねぎ
麺の上に散らす量
レモン(※4)
添える量
葉野菜(※5)
1人1つかみくらい
ハーブ(※6)
1人1つかみくらい
その他野菜(※7)
好みの量
唐辛子(※8)
1本
  • ※1:鶏の骨のぶつ切りや鶏がらがあれば、そちらをメインにして、鶏がらスープの素は補助的に使用すればよい。
  • ※2:ナンプラーの塩加減によっては塩は不要です。
  • ※3:フォー乾麺がない場合は、タイ料理のセンレックや、ビーフンなど、他の米の麺を使うとよい。
  • ※4:レモンがなければレモン果汁でよい。
  • ※5:葉野菜には、リーフレタスや白菜の先など、くせのないやわらかいものがよいです。
  • ※6:ハーブは、推奨順位が高い順に、コリアンダーの葉(パクチー)、バジル、ドクダミの若葉、ミント、青紫蘇など。
  • ※7:その他の野菜としては、千切りにんじんや生のもやしがよいです。今回は玉ねぎの芽も添えています。
  • ※8:唐辛子は、生の唐辛子があれば小口切り。乾燥鷹の爪がある場合は、調理開始前にぬるま湯に浸して戻しておくとよい。

調理時間

作り方

  1. 厚手のフライパンを中火で1分くらい熱し、玉ねぎを5mm厚さに切ったものと、さやに一箇所はさみを入れたカルダモンと、クローブホールとシナモンホールを入れ、炒るように加熱する。
  2. 玉ねぎに焦げ目がついたらひっくり返し、もう片面も焦げ目がつくように焼く。
  3. 水1Lを別の鍋に沸かし、生姜、鶏がらスープの素、ナンプラー、砂糖、コリアンダーパウダー、こしょうを入れて一度沸騰させ、フタをして弱火で煮る。
  4. 玉ねぎの両面に焦げ目がついたら、スパイスと共に鍋に入れる。
  5. 玉ねぎを取り出したフライパンにサラダ油を入れて熱し、鶏肉を入れて表面に焼き目をつける。中には火が通らなくてもよいが、皮がある場合は皮がパリっとする仕上がりを目指す。
  6. 焼き目のついた鶏肉を鍋に入れ、鶏肉を取り出した後のフライパンに鍋の中の汁を入れて旨味を洗いこんでもう一度鍋に戻す。
  7. 味見をして、塩加減などを調える。
  8. フォー乾麺を、パッケージに書いてある方法でゆでる(今回はぬるま湯に15分浸けてから3分ゆでた)。
  9. フォー乾麺を戻している間に、鶏肉をスープから取り出して放冷しておき、玉ねぎをスライスにし、小ねぎと唐辛子を小口切りにし、野菜やハーブ類を皿に盛っておく。
  10. 鶏肉が触れるくらいに冷めたら、薄切りにしておく。
  11. フォーの麺がゆであがったら丼に入れ、鶏肉とスライス玉ねぎと小ねぎを麺の上に乗せ、熱いスープを注ぐ。
  12. 丼をサーヴし、野菜の盛り合わせと、唐辛子と、レモンを添える。
  13. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 3人分と記載しましたが、2人で食べるとスープのおかわりもできて、しっかり食べるには2人分でも良い分量です。
  • 玉ねぎはフライパンの上で乾煎りするように焦げ目をつけましたが、オーブントースターや直火などで焦げ目をつけてもよいです。
  • スープの味見をするとき、あとで麺や生野菜を食べることを考慮して、塩加減はしっかり気味につけておくとよいです。
  • スープを丼に注ぐとき、スパイス固形成分が入らないようによけるとよいです。
  • 野菜やハーブ類は季節を感じるものでよいです。ベトナムは日本ほど季節差がない暑い国なので、日本であれば、春夏に作ると、ある程度似た野菜を使用することができると思います。
  • チリソースと小皿を卓上に出しておき、食べる側が鶏肉をチリソースにつけて食べる方法もあります。

Tips about cuisine



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です