コルキャノン

  • アイルランド料理、英国料理

  • 現地表記

    :Colcannon(英語)

  • 概要

    :キャベツ入りのクリーミーマッシュポテト

コルキャノン

アイルランド料理とじゃがいもは、切っても切れない縁があります。キャベツの甘みと食感を含む美味しいマッシュポテトは、アイルランドの家庭料理の定番の1つです。火を通したキャベツの優しい味とマッシュポテトの組み合わせがとても新鮮でした。

材料

4人分):

じゃがいも
4個(※1)
牛乳
150mL(※2)
バター
大1
少々
キャベツの葉
1枚(※3)
  • ※1:じゃがいもの多少にあわせて他の材料の量を加減すればよいので、じゃがいもは好きな量でよい。今回は約500gを想定してレシピ化しています。
  • ※2:マッシュポテトをゆるくするときに使いますが、一気に入れずに、様子を見て自由な量を入れてください。よって仕上がり加減では150mL以上の牛乳を使う可能性もあります。
  • ※3:本場ではケール(チリメンキャベツ)の葉を使いますが、キャベツの緑が濃い葉が1枚あれば作れます。量は、好みで自由に。

調理時間

作り方

  1. 牛乳を室温に出しておく。
  2. じゃがいもを洗い、皮をむかずに鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れ、ゆで始める。
  3. 沸騰したら弱火にし、沸騰を弱く続ける状態で20分ほどゆでる。菜箸を刺してみてすっと刺さればゆであがり。
  4. ザルにあけて、じゃがいもの皮をむく。
  5. 鍋に新しく水を張って湯を沸かし、キャベツの葉をゆでる。
  6. 鍋の中のゆで汁を捨て、軽く鍋を洗い、皮をむいたじゃがいもを戻して転がしながら加熱し、じゃがいもの表面に粉がふくようにする。
  7. じゃがいもとバターをボウルに入れ、熱いうちに木べらなどで潰す。
  8. じゃがいもを潰している間に、じゃがいもが入っていた鍋に牛乳を入れて中火で30秒ほど加熱してぬるくしておく。
  9. じゃがいもが粗く潰れたら、じゃがいもに牛乳の2/3量くらいを注ぎよりなめらかになるように木べらで混ぜる。
  10. ゆるさ加減を見ながら、残りの牛乳を(全量でなくてもよいので)入れ、塩、こしょうを入れ、木べらでなめらかに混ぜる。
  11. 味見をして、塩、こしょうの加減を好みに調える。
  12. ゆでキャベツを短めの千切りにし、マッシュポテトにやさしく混ぜあわせて出来上がり。
  13. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • じゃがいもの皮をむくとき、熱すぎるようなら、一度水にくぐらせてから再度ザルにあげ直すと良いです。
  • 電子レンジで牛乳をぬるくしてもよいです。
  • 牛乳のかわりに、ぬるま湯とスキムミルクで代用できます。
  • じゃがいもを過度に練りすぎると弾力の強い食感になってしまうので、あまり練りすぎないようにします。
  • キャベツやケールの代わりに、ブロッコリーやカリフラワーの葉を使うレシピもあります。家庭菜園などではたくさん葉が取れるのであれば使ってみてください。
  • より古い記録では、「緑の葉を入れる」となっており、ソレル(スイバ)やパセリやホウレンソウの類でも作られていたと思われる。
  • 千切りのハムを入れるレシピもあります。

Tips about cuisine

  • 「コルキャノン」の英語(アイルランドや英国の公用語)の綴りは「Colcannon」。
  • 「コルキャノン」(Colcannon)の語源は、アイルランド語の「Cálceann fhionn」…fとhが無発音なので、日本語カタカナに敢えて置くと「コルカン・イオン」でしょうか?? ともあれ、「キャベツ(ケール)の白い頭」というような意味に由来するそうです。
  • アイルランドでの伝統料理であり、そうなると連合王国UK構成国の1つである北アイルランド地方でも伝統料理となるので、英国を連合王国UKとしてとらえる場合は英国料理とも言える。
  • 英国本土で広まったのは17Cという記録がある。
本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です