カレージー

  • :パキスタン料理

  • 現地表記

    :کلیجی(ウルドゥ語)

  • 概要

    :レバーのカレー

カレージー

これは私と夫の好きな味です。だからきっとレバーなどの内臓系のお肉が好きな人には気に入ってもらえる、新しいカレーの味だと思います。パキスタンとインドはもともとインドでした。やがてヒンズー教徒の多いインドと、イスラム教徒が多い現パキスタン&現バングラデシュに分かれました。そのため、菜食主義者は、インドには多いけれど、パキスタンにはほとんどいないという図式が出来上がりました。そのような背景の上で、パキスタンでは羊肉や鶏肉が多く消費されており、肉を得るときに発生するレバーも、パキスタンの味付け(それはすなわちカレー)で食べられています。

材料

2人分):

鶏レバー
200g
玉ねぎ
中1/2個
トマト
中1個
にんにく
中国産サイズで3かけくらい
生姜
にんにくと見た目同量くらい
サラダ油
大2
ターメリックパウダー
小1/2
小1/2
チリパウダー(※1)
小1/4~好みで増量
ココナッツミルクパウダー
あれば小1
クローブパウダー
あれば小1/2
カレー粉
少々
生姜か青唐辛子(※2)
少々(※3)
  • ※1:ここで言うチリパウダーは、赤くて辛い唐辛子の粉末のことです。
  • ※2:パキスタンのカレーは仕上がりに生姜や青唐辛子の千切りを散らすことが多く、何か色味になるものを用意すると良いです。ししとうやピーマンを少々使ってもよいです。
  • ※3:出来上がりに千切りを散らす量。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎ、トマト、にんにく、生姜を数分間電子レンジにかけ、くたくたにしてから、バーミックスかブレンダーでペーストにし、カレーベースを作る。
  2. レバーを2cmくらいの角切りにする。
  3. フライパンに油をしき、カレーベースと香辛料を入れ、炒める。ゆるいカレーにしたいときは水分を足す。
  4. 味見をして塩加減や辛さを追加する。
  5. レバーを入れ、炒め煮のようにする。
  6. レバーに火が通ったら器に盛り、仕上げにジュリエンヌ(生姜やピーマンなどの千切り)を散らす。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • クローブパウダーやガラムマサラなどの強い香りのものは、仕上げ直前に入れると良いです。
  • カレー粉には数多くの香辛料がブレンドされているので、補助的に使うと風味のまとまりが良くなります。
  • 香辛料の加減は、本当に自由に!カレー粉と塩だけでももちろん作れます。
  • 写真は、生唐辛子を乗せています。辛いのがほしいときに自由にかじります。
  • レバーは長く炒めると美味しくなくなります。生でなくなればよいので、加熱しすぎに注意してください。

Tips about cuisine

  • カレージーのパキスタンの言葉(ウルドゥ語)での綴りは「کلیجی」。
  • カレージーはウルドゥ語で肝臓(レバー)の意味。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です