ヨーウルトゥルウスパナクチョルバス

  • トルコ料理

  • 現地表記

    :Yoğurtlu ıspanak çorbası(トルコ語)

  • 概要

    :ほうれんそうとヨーグルトのスープ

ヨーウルトゥルウスパナクチョルバス

ヨーグルトをたっぷり使い、オリーブオイルの豊かな香り、新鮮で色の濃い美味しい野菜に恵まれ、ごはんを食べようとも必ず食卓にはパンがある。トルコ料理はとても魅力的です。ヨーグルトとオリーブオイルと野菜を合わせたシンプルスープは、トルコ料理の定番の1つです。トルコには温かいスープも冷たいスープもありますし、ほうれんそうのスープもどちらもあるのですが、ほうれんそうは煮ないほうが色が良いと思い、今回はソウクチョルバ(Soğuk çorba)すなわち冷製スープを作りました。

材料

2人分):

ほうれんそう
100g
にんにく
中国産サイズで1かけ
玉ねぎ
1/2個
オリーブオイル
大3(炒める用)
ヨーグルト
1C
好みの量(※1)
小1/3
こしょう
少々
レモン果汁
小1/2(※2)
オリーブオイル
小1~大1(仕上げ用)
  • ※1:もとのヨーグルトの味や硬さによっては不要。
  • ※2:もとのヨーグルトの酸味によって加減する。

調理時間

作り方

  1. ほうれんそうを細かい千切りにしてから、細かいみじん切りにする。
  2. にんにくと玉ねぎを細かいみじん切りにする。
  3. 小鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくと玉ねぎを入れて炒め、透きとおって色づいてきたらほうれんそうを入れて炒める。
  4. ほうれんそうに十分火が通って色がやや変わってきたら、火からおろす。
  5. 鍋の粗熱が取れたら、ヨーグルト、水、塩、こしょう、レモン果汁を入れて混ぜる。
  6. もとのヨーグルトが硬いなどでゆるくしたい場合は水を入れて混ぜる。
  7. 味見をして、塩加減や酸味を調える。
  8. 器によそい、オリーブオイルを仕上げにまわしかけてできあがり。
  9. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 塩分は控えめに。
  • もとのヨーグルトの濃さや硬さにもよりますが、よくある市販品で、乳清も入れれば、水はそれほど入れなくて良い気がします。ヨーグルトの1/3くらいで良いのではないでしょうか。
  • 小麦粉や卵黄を入れるレシピもあります。
  • ニラやあさつきなどのみじん切りを入れて旨味をアップさせるレシピもあります。
  • 水っぽい場合は、トルコ式に小麦粉と卵黄と残っているごはんを加えて混ぜ、かき混ぜながら加熱するととろみがついて良いです。その場合は温かいスープとしてもいただけます。
  • トルコ式に、パンと一緒にいただくとよいです。

Tips about cuisine

  • 「ヨーウルトゥルウスパナクチョルバス」のトルコ語の標記は「Yoğurtlu ıspanak çorbası」。
  • 「Yoğurtlu」(ヨーウルトゥル)はヨーグルトの、「ıspanak」(ウスパナク)はほうれんそう、「çorba」(チョルバ)はスープという意味。
  • 「ヨーウートゥ」(Yoğurt)はヨーグルトの意味で、名詞の語尾が「lu」(ル)(単語によってはli、lı、lüでも)になると、「それが多い」という意味になるため、「ヨーウルトゥル」(Yoğurtlu)は「ヨーグルトの」という意味になる。
    トルコ語の、形容詞化された名詞|あづさDIARY
  • 「çorba」(チョルバ)はスープという意味だが、前に材料名がつくと複合名詞となり、「材料名+çorbası」(チョルバス)と語尾変化を起こす。
    ケバプとケバブの違いをまとめました-トルコ語の「ABという表現」(複合名詞)|あづさDIARY


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です