ケワダチ

ブータン料理、じゃがいものチーズ絡め

ケワダチ

首都ティンプーさえ標高2400mというヒマラヤ山麓国家ブータンでは、山麓で飼育される牛やヤクの乳から作られるチーズが主要な食材です。エマダチ(唐辛子のチーズ絡め)やケワダチ(じゃがいものチーズ絡め)やシャモダチ(きのこのチーズ絡め)のように、「ダチ」の名(チーズ絡め)がつく料理は、ブータンの国民食です。標高の高いブータンでは料理に圧力鍋を使いますが、日本でこの料理を再現するにあたり、チーズの加減や気圧の加減が違うことに何度も失敗し、でも、やっと、チーズがとろとろのブータンを思い出す「ダチ」を作れるようになりました。
材料(2~4人分):

じゃがいも・・・300gくらい(小なら5、6個)
チーズ(融けやすいものがよい)・・・80~100gくらい(好きな量でよい)
唐辛子・・・1本
調理時間:
作り方:

  1. じゃがいもの皮をむき、4つ割りや、1cm幅の輪切りなど、食べやすい大きさに切る。
  2. じゃがいもを数分間下ゆでし、火が通ったらザルにあげておく。
  3. じゃがいも、唐辛子、チーズをボウルに入れる。
  4. そのボウルが入るサイズの圧力鍋またはフタができる鍋に水を底から2cmほど入れて沸かす。
  5. ボウルがぐらつかないように、底に、鍋用すのこや石などを敷いて、ボウルを入れて、フタをして火にかけ、蒸しはじめる。
  6. 5分くらい経った頃にフタをあけて中を見てみる。様子を見て蒸し時間を長くする。水蒸気となじむようにとろとろになっていたら出来上がり。
  7. Enjoy!
こつは:
・融けやすいチーズを使うと上手に出来ます。
・辛いのが苦手な場合は、チリパウダー少々に変えると辛さ調節がしやすいです(ブータン人も外国人にケワダチを作るときこのように辛さを減らす方もいます)。
・圧力鍋を使う場合は、圧力をかけてもかけなくてもよいです。
・ブータン産唐辛子は辛味が弱いので現地ではたくさん入れてもそれほど辛い料理になりません。日本の鷹の爪などを使う場合は、たくさん入れてしまわないように。
・ブータンでもここ50年でインド産の辛味が強い唐辛子が出回り、ブータン料理が辛いものになってきました。それを再現する場合は、鷹の爪をたくさん入れてみていただいてもOKです。

Tips about cuisine

・ゾンカ語(ブータンの公用語)で、ケワ=じゃがいも、ダチ=チーズ(あるいはチーズで煮絡めた料理)の意味。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です