オボクジェンバン

オボクジェンバン、北朝鮮料理、ゆで肉と野菜の鍋

オボクジェンバン

北朝鮮の鍋料理って、珍しくて、ステキです。これは平壌の商人が広めたと言われる料理です。生の肉ではなくゆで肉を使うのが特徴で、ゆで肉の作り置きがあれば、新鮮な野菜と一緒に楽しめます。春菊の美味しい季節に食べると最高です。そしてヘルシー。
材料(4人分):

かたまり肉・・・好きな量(例えば200g)
・・・お鍋にする量。
塩、ダシダ・・・お鍋に美味しいスープをはる量(味見で決める)
野菜(春菊、ねぎ、にんじん、きのこなど)・・・好きな量
その他の具(ゆで卵、なつめなど)・・・好きな量

<つけダレ>

醤油・・・好きな量
赤唐辛子やねぎ・・・好きな量
・・・醤油の1/4~1/2(好みの量)
ごま油・・・好きな量
調理時間:(鍋の開始まで)
作り方:

  1. 肉をゆでて、塩を足して美味しいスープを作る。旨味が足りなければダシダを適宜追加する。にんじんを使う場合は3mm厚さにスライスして一緒にゆでておく。
  2. 春菊を敷き、ゆで肉スライスを並べる。
  3. 更にその上に、中央を避けて、隙間からお肉がちらっと見えるような感じで、春菊、ネギ、ナツメ、ゆで卵、ゆでたにんじん、きのこなどを並べる。
  4. 醤油、酢、小口切りの唐辛子やねぎ、ごま油を混ぜて、タレを作り、器に入れて鍋の中央に置く。
  5. 卓上で、お鍋開始!
  6. Enjoy!
こつは:
・お肉は牛肉を使うのが一般的です。
・鍋のシメにはお蕎麦を入れるのが定番です。

Tips about cuisine

・オボクジェンバンのハングル文字での綴りは「어복쟁반」。
・「オボク」(어복)は「お腹」の意味。
・「ジェンバン」(쟁반)は「皿」の意味。これを作る特殊な形の器に由来している。
・オボクジェンバンを漢字で書くと「御腹錚盤」。
・北朝鮮の首都の平壌(ピョンヤン)の商人が広めたという説がある。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です