叉焼(チャーシュー)

叉焼(チャーシュー)、中国料理、香港料理、焼き豚

叉焼(チャーシュー)

これは、中国広東省や香港の焼き豚のレシピをもとに作ったものです。本場では、食紅をしっかり入れて、もっと赤く作ります。赤い色は縁起のよい色であるから、好みで是非食紅を増やして作ってもよいと思います。
材料(1本分):

豚肉(焼き豚用にひもが巻かれているものが便利)・・・500g
醤油(日本の醤油でよい)・・・大3
酒(日本酒でよい)・・・大1
砂糖・・・大山盛り1
・・・小1弱~小1
こしょう・・・ひとふり
食紅・・・あれば少々(または好みの量)
調理時間:
作り方:

  1. 食紅以外の材料をビニール袋に入れるなどして、漬け込む。
  2. オーブン余熱開始。
  3. 1時間経ったら、漬け汁を小鍋にあける。
  4. ビニール袋に残った少々の漬け汁と肉に、食紅を追加し、よく揉んで表面に色をつける。
  5. 200℃のオーブンで、途中ひっくり返して20分焼く。
  6. 押してみてぶよぶよしなければ大丈夫。自然に冷ます。
  7. 小鍋を火にかければ、チャーシューのタレの出来上がり。
  8. Enjoy!
こつは:
・火の通りを確認するには、包丁で切ってみるのが一番確実。
・作りたての頃は塩加減がきつく感じるかもしれませんが、冷蔵庫で保存しているうちに、どんどん食べやすい味に変化します。

Tips about cuisine

・叉焼の「叉」の字は、金串を突き刺すという意味。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です