チュペデマリスコス

チュペデマリスコス、南米チリ、魚介のグラタン風。

チュペデマリスコス

「チュペ」は、煮込み類の意味をもつスペイン語です。チリでは、他の国よりも水分が少なくパン粉や牛乳やクリームで濃厚にとろみつけがされています。このマリスコス(魚介類)のチュペは、旨味が濃厚に凝縮されていて、実に美味しいものです。おすすめ。
材料:

魚介類数種類・・・好きな量(冷凍シーフードミックス1袋など)
牛乳・・・適量
・・・牛乳と同じくらいの量
パン粉・・・適量
塩、こしょう・・・必要に応じて
韓国のハマグリだし・・・必要に応じて
パルメザンチーズ・・・適当な量
パセリ・・・適当な量
ゆで卵・・・好みで
調理時間:
作り方:

  1. 魚介類を小鍋に入れ、牛乳を水で1:1くらいの比率で薄めたくらいの液で数分煮て、旨味を引き出す。
  2. 塩こしょうで好みの味加減にする。魚介類の旨味が足りないと思ったらハマグリだしなどを加える。
  3. パン粉を様子を見ながらどっさり入れてかき混ぜ、もったりしたとろみをつける。
  4. 耐熱皿に盛って、好みでゆで卵を断面が見えるように置き、パルメザンチーズやパセリのみじん切りを散らして、高温のオーブンやオーブントースターで表面に美味しそうに焦げ目がつくまで焼く。
  5. Enjoy!
こつは:
・魚介類は、4、5種類あるとよい。
・魚介類は、貝類とイカを含むと美味しい。
・牛乳だけだと重たくなりすぎるので、牛乳を水で割って魚介類を煮るレシピで作りますが、好みによって牛乳だけで作ってもよいと思います。
・牛乳のかわりに常備できるスキムミルクを使ってもよいです。
・顆粒のホワイトシチューの素を利用するととろみが上手についてなおかつ美味しいです。
・付け合わせには、エンサラダチレナが定番です。

Tips about cuisine

・チュペデマリスコスのスペイン語の綴りは「Chupe de Mariscos」。
・チュペは、南米では、シチューのような煮込み類を意味する。
・deは、英語のof。
・マリスコスは、魚介類の意味。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。