カスエラ

カスエラ、チリ料理、ポトフ風煮込み。

カスエラ

南米のチリは、日本から見ると地球の裏側にある国です。寒い冬がやってくるとカスエラの季節。フランスのポトフと同じく、お肉や野菜をごろんと入れて作る料理です。チリのカスエラは、チキン又はビーフの塊に、じゃがいもやとうもろこしなど南米らしい素材を入れ、チリ人が大好きなオレガノの風味がついています。分量に決まりはありません。具をごろっと、適当に作って、体を温めましょう。まるごとのほっこりじゃがいもが美味しいーんだこれが!
材料(4人分):

鶏肉または牛肉・・・塊で400gくらい
とうもろこし・・・あれば大1本
じゃがいも・・・大4個
にんじん・・・大2本
玉ねぎ・・・大1個
お米・・・好みで少々(大1~2など)
塩、こしょう・・・適量
ドライオレガノ・・・適量
調理時間:
作り方:

  1. 肉、とうもろこし、にんじんを人数分の大きな塊に切る。
  2. じゃがいもの皮をむく。
  3. 玉ねぎはくし形に切る。
  4. 大きな鍋に肉と野菜を入れ、水をたっぷり(4人で1L以上)入れ、フタをしてことこと煮る。
  5. 途中、塩こしょう、ドライオレガノで味付け。
  6. Enjoy!
こつは:
・インゲンやカボチャを入れるカスエラもよく見かけます。
・お肉は好みでもっと大きな塊でもよいです。
・分量なども適当です。もし水が多くてお肉のダシが薄まったら好みでコンソメなど入れればよい。
・チリの食卓では、カスエラに「エンサラダチレナ」(スライスオニオンとトマトのサラダ)をよく合わせます。

Tips about cuisine

・カスエラのチリでの綴り(スペイン語)は「Cazuela」。
・カスエラはキャセロールと語源が同じで、煮込み用の鍋を指す。
・伝統的にチュチョカ(Chuchoca)という粗挽き乾燥トウモロコシを入れたりしていた。今、少々のお米を入れて作られるのは、その名残かもしれない。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

2 thoughts on “カスエラ

  1. 甲谷様

    はじめまして。ご連絡ありがとうございます。『私について』というページがありまして、
    http://jp.ndish.com/author
    ここでメールアドレスや各種連絡先が分かります。
    いただいたメールに返信を出しました。よろしくご検討ください。

  2. 甲谷北斗 より:

    はじめまして。
    突然のご連絡で失礼致します。
    株式会社イエローの甲谷と申します。

    弊社はテレビ番組の制作会社です。
    この度、弊社が担当しております番組において、チリの代表的な料理を紹介する事になり、もし可能であれば、こちらのホームページに掲載しておられます“カスエラ”のお写真をお借りさせていただくことは出来ないかなと思い、ご連絡をさせていただきました。

    何卒、ご検討いただけますと幸いです。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です