パクシャスィッカム

パクシャスィッカム、ブータン料理、豚の干し肉と大根の唐辛子炒め煮

パクシャスィッカム

ヒマラヤの夢の国、ブータンの国民食です。パクシャは豚の脂身のこと(豚肉自体もパクシャと言う)で、パクシャスィッカムはその肉を乾燥させたもののこと。そのパクシャスィッカムを水、大根、トマト、にんにく、唐辛子粉と共に圧力鍋で炊いた辛くて美味しい煮込みも、パクシャスィッカムと呼ばれます。ブータンの主要エリアは標高が高く(例:首都で2500m)、台所には圧力鍋必須ですが、日本でなら普通のフタつきのお鍋で作れます。
材料(2人分):

豚肉を干したもの・・・好きな量(今回は豚と大根をあわせて500gで調理)
大根・・・好きな量(今回は豚と大根をあわせて500gで調理)
唐辛子(韓国産キムチ用など辛くないものがよい)・・・大2
玉ねぎ・・・1/4個
にんにく・・・中国産サイズを1かけ
生姜・・・にんにくと同じくらいの量
トマトかトマトピューレ・・・あれば少し(ピューレで大1など)
・・・小1/3(味見で加減)
・・・大2~3
調理時間:
作り方:

  1. 干した豚肉ではなく豚の薄切り肉を使う場合、事前に、豚肉の薄切りを風通しのよいところで干しておくか、オーブン余熱やトースターに入れて少し乾燥させておく(調理時間外)。
  2. 豚肉を食べやすいサイズに切る。
  3. 大根は皮をむいて、厚さ5mmのいちょう切り。
  4. 鍋に油を入れて、みじん切りのにんにく&生姜&玉ねぎ&唐辛子を入れて加熱する。
  5. 大根と豚肉を入れて炒める。
  6. ひたひたの半分くらいの水を入れて、フタをして加熱を続け、豚肉をふっくらさせる。
  7. フタをあけて、塩を入れる。味見をしてもよい。
  8. フタをあけたまま、水分のほとんどが飛ぶまで加熱する。ときどきひっくり返す。
  9. Enjoy!
こつは:
・豚肉の比率が少なくて旨味が少ない場合は、ダシダのような肉系調味料か、味の素を加える。
・唐辛子はたっぷり入れるとブータン風。
・日本の一味唐辛子は辛味がきついので、一味しかない場合は量を控えめにする。
・油は多めが美味しい。
・豚肉を干すときは、湿気で傷まないようにする。

Tips about cuisine

・「パクシャ」=豚の脂身(または豚肉そのもの)。
・「スィッカム」=干したもの。
・豚肉を干したものもパクシャスィッカムと呼び、その豚肉を調理したものもパクシャスィッカムと呼ぶ。
・標高の高いブータン現地では圧力鍋を使って作るのが標準。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です