バクスティ―

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2022】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:こしょう
こしょう

  • アイルランド料理

  • 現地表記

    :Bacstaí(アイルランド語)

  • 概要

    :じゃがいものお焼き

バクスティ

アイルランドのじゃがいも料理の多さは冷涼な土地柄を表しています。このじゃがいものお焼きはアイルランドの国民食。いろいろな作り方があるのですが、じゃがいもの半量をゆでてマッシュポテトにしてほくほくと、のこり半量は生のまま細くシュレッドにして風味と食感を良くした、このレシピが気に入っています。生クリームかホイップクリームを泡立てたものを添えていただくと、幸せ気分に包まれる美味しさです。この写真は器のオレンジ色、添えたグリーン、クリームの白で、アイルランドの国旗カラーアイルランドを表現しました。

材料

6個分):

じゃがいも
中4個
生クリーム(※1)
100 mL
1個
小1/2
こしょう
少々
薄力粉
大4
ベーキングパウダー
小1/2
サラダ油
大1
  • ※1:生クリームは植物性ホイップクリームでもよいです。

調理時間

作り方

  1. じゃがいも2個を小鍋に入れ、かぶる量の水を入れて強火にかけ、沸騰したら火を弱め、じゃがいもにすっと菜箸が通るまでゆでる。
  2. その間に生クリームを泡立て、冷蔵庫に入れて冷やしておく。
  3. 残りのじゃがいも(2個)の皮をむき、「にんじんしりしり」のような細切りになるスライサー(穴が大小ある場合は小さいほう)ですりおろし、目の細かいザルにあげ、水気を落としておく。
  4. じゃがいもがゆであがったら皮をむいてボウルに入れ、マッシャーなどで潰してマッシュポテトにする。
  5. 別のボウルに卵を割り入れて菜箸でほぐし、すりおろしたじゃがいも、マッシュポテト、塩、こしょう、薄力粉、ベーキングパウダーを加え、あまり練りすぎないように全体を均一に混ぜる。
  6. フライパンにサラダ油を入れて熱し、生地を6等分にして1つずつすくって、ハンバーグの形に焼く。
  7. 両面を焼き、中まで焼けたら皿に乗せ、クリームを乗せて出来上がり。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • じゃがいもを電子レンジで加熱すると調理時間を短縮することができます。しかし湯でゆでるほうがじゃがいものほくほく度が高く味が良いと思います。
  • 「にんじんしりしり」のようなスライサーがない場合は大根おろし器などでおろすか、皮むき器でポテトチップスの薄さにしてから包丁でみじん切りにするなどします。
  • マッシュポテトにするときはなるべく塊が残らないようにします。マッシャーがない場合は麺棒やフォークなどを使ってマッシュポテトにします。
  • 生地をハンバーグの形に成形するときは、手に少し水をつけると楽です。

Tips about cuisine

  • 「バクスティ」のアイルランド語(アイルランドの公用語)の綴りは「Bacstaí」。
  • 「Bacstaí」(バクスティ)には俵(たわら)ないし包む物という意味がある。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。