ジブラルタル料理

+++新着+++

  • ページを新規作成し、「基礎情報」、「地図」、「本文はじめ」の項を記載しました(今後の投稿は、野菜のおかず、カレンティータなどを予定しています)。

【基礎情報】

国名:ジブラルタルGibraltar、首都:ジブラルタル、ISO3166-1国コード:GI/GIB、非独立国(英国領)、公用語:英語、通貨:ジブラルタルポンド

▲目次に戻る


【地図】

ジブラルタルはスペインの南端の近くにある岬の先端部分で、陸はすべてスペインと接しています。海を渡った先にはセウタとモロッコがあります。

▲目次に戻る


◆スペインの端の英領国家。カレンティータは多民族社会を表す国民食。

旅してジブラルタルに到着すると「ジブラルタルはスペインの一角だから料理はスペインとおんなじね」と思っていた事前イメージが覆されます。もちろん気候が同じで物資はスペインから運ばれるものも多いし、何千人ものスペイン人が働いているし、スペイン南部と同じ料理は確かにあります。しかし、ジブラルタルの伝統的なレシピには、ジェノバ(イタリア)やユダヤや英国など、ジブラルタルに定着した様々な人や文化を追跡できる料理がたくさんあり、平和な多民族社会を示しています。

フィッシュアンドチップス
ジブラルタルの人気料理、英国由来のフィッシュアンドチップス。(撮影地ジブラルタル)

ジブラルタルは、大西洋と地中海を分けるジブラルタル海峡の北側、アフリカ大陸とはわずか13kmのところに位置する、英国の軍事基地を擁する英領国家です。国土が狭い上に巨大な岩山が土地の多くを占めていて、可住地も農地もあまりありません。

どれだけそこが大事なところか。ジブラルタルやセウタは古代からヘラクレスの柱と呼ばれる軍事重要点だった。地中海の中ではキプロスもマルタも英領だったのに、なぜ英国がそれらを手放した後も今なおジブラルタルに執着するか。それは出入り口を押えられたらおしまいだから、出入り口を押えることに意義があるから。だから今も英国はジブラルタルを確保しています。

ジブラルタルが正式に英領になった決定打として、少し、18世紀はじめの「スペイン継承戦争」の話をしましょう。

当時、元スペイン王と元フランス王の孫のルイ14世がフランス王でした。彼はスペイン側の祖父の他の孫を妃とし、妃の弟がスペイン王で、そのスペイン王が死去するとお世継ぎがいなくなってしまうため、ルイと妃との孫がスペイン王位を継ぐことに決まりました。それは、ルイのもつフランス権力がスペインを取り込んで強大になるわけですから、周辺国は大反発。英国、オーストリア、オランダなどは力をあわせてフランスと戦いました。欧州と北米のあちこちが戦場になってしまったため、講和条約(戦争終結や戦後処理のための条約、この場合はユトレヒト条約)では世界の領土も整理して、結果的に、王位継承に関知しない英国は領土をごっそり獲得。北米ではフランスからアカディアやハドソン湾地方を手に入れ、欧州ではスペインの一角であるジブラルタル、その他にも諸々の土地を手に入れました。これは、米国やカナダの歴史の基礎としても重要ポイントにもなります。

要は、英国が世界の海を取ろうととしていたとき、海軍が力をもっていたときに地中海の出入り口という絶好の土地を手に入れ、やがて英国は世界を股にかける大英帝国へと発展したわけです。なおスペインは今もジブラルタルを自国の領土であると主張し、過去数回英国と戦争したものの全戦全敗。肝腎のジブラルタル人はというと、民意で英国支配を望んでいます。

ではここで「ジブラルタル人」とはどんな民族なのでしょう? その答えは「ヤニート」であり、「ヤニート」こそがジブラルタル料理の理解の基礎となります。
ジブラルタルで人気のワイン「Yllera」の読み方は「イエラ」。そしてジブラルタルの形成と言語ヤニートの考察。

「ヤニート」は言語名としても民族名としても扱われる用語です。かつての先住民はいなくなり、ジブラルタル住民はほぼ全員が移民です。比較的古くからいたジェノバ(イタリア)人とユダヤ人と支配者である英国人が多数派で、それから土地柄近隣のスペイン人やポルトガル人、それからマルタ人やモロッコ人など。数世紀が経つうちに血統や文化や言語が混ざり、ヤニートというジブラルタル人ないしジブラルタル口語が形成されました。「ヤニート」とは、多民族社会を表す住民の呼称であり、言語名であり、ここに住む人々が折衷的である(分離独立しあっていない)ことを示すものです。料理も同じです。いろんな地域からいろんな人や料理が集まっても、それらは分離独立せず、ヤニートによってみんなに同じ名前で呼ばれ、今のジブラルタル料理になりました。

6月には国のお祭り「カレンティータ」が催されます。ジブラルタル人に彼らの国民食は何かと聞いてみてください。答えはもちろん「カレンティータ」(パイの一種)でしょう。国民食の名を冠した食の祭典は、ジブラルタルの中のイタリア、ユダヤ、モロッコ、スペイン、英国、インドなど、ジブラルタルの文化的に多様なコミュニティーが、最高の地元産と季節の食材を使用して料理を提供し合い、ジブラルタル料理を再確認しあうのです。政治や軍事の点では緊張的に語られがちなジブラルタルですが、料理の点では平和な多民族社会の折衷を理解してほしい。これこそが、ジブラルタル料理なのですから。
▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。