カスクルート

  • チュニジア料理

  • 現地表記

    :كسكروت(アラビア語)、Kaskrout(英語アルファベット表記)

  • 概要

    :ツナや夏野菜入りのバゲットサンドイッチ

カスクルート

地中海はひょっとしたら地球で一番野菜が美味しい地域なんじゃないかしら? もちろん寒冷地の野菜も熱帯の野菜もあるのだけど、温暖な地中海性気候の、恵まれたお日様のもとで育つ野菜の味は格別です。日本で言うときゅうりやトマトやナスなどの夏野菜が、地中海の野菜の定番です。この「カスクルート」は、フランスのサンドイッチに由来するフレンチアラビックな料理で、フランス人が多数観光や保養に訪れるチュニジアらしさを表す料理です。フランスパンに、美味しい唐辛子ソース「ハリッサ」とたっぷりのツナに、きゅうりやトマトやオリーブをぎゅぎゅっと押し込んで、是非この素晴らしい味を楽しんでみてください。地中海の恵みの味は、真に美味しいですよ。

材料

2人分):

1個
ツナ水煮缶(※1)
1缶(70 g)
きゅうり
1本
玉ねぎ
少々
トマト
1/4個
イタリアンパセリ
刻んで大2
バゲット(※2)
2本(※2)
ハリッサ(※3)
大1強
マヨネーズ
大2~3
黒オリーブ
6個
  • ※1:ツナ水煮缶がなければ、オイル漬けのツナ缶を使ってよいです。
  • ※2:バゲットはフランスパンのことです。両端を切り落として均等な太さの部位を使うとよいので、1人1本を用意しています。
  • ※3:ハリッサは現地の唐辛子調味料です。日本でも市販されていますしなければ手作りできます(≫こちら)。

調理時間

作り方

  1. 小鍋に湯を沸かし、卵を入れ、12分を目安にゆで、固ゆで卵を作る。
  2. ツナ水煮缶を小ザルにあげ、余分な水分を落とす。
  3. ピーラーできゅうりの皮を9割ほどむき、両端を落とし、縦1/4に切り(縦十字に切る)、斜めに8 mm幅に切る。
  4. 玉ねぎは繊維を断つ方向にスライスする。
  5. トマトは縦半分に切ってヘタを落としてから3 mm幅にスライスする。
  6. イタリアンパセリは粗みじん切りにする。
  7. ゆで卵はくし形に6つに切る。
  8. バゲットの両端を切り落とし、長さ約20 cmの均等な太さのバゲットを残す。
  9. バゲットに水平に包丁を当て、上下が離れない程度に深く切れ目を入れる。
  10. バゲットの内側の片面にハリッサを塗り、もう片面にマヨネーズを塗る。
  11. トマトを挟み、きゅうりとツナと玉ねぎを詰め、イタリアンパセリを詰め、ゆで卵と黒オリーブを詰める。
  12. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • チュニジアのカスクルートには決まった具はありませんが、ここでは定番の具を使うレシピとしています。
  • バゲットの両端など、使わない部分は、ラブラビなどの「余ったパンを美味しく食べる料理」に使えます。
  • ツナ缶はオイル漬けよりも水煮を使うほうが現地の味に合います。そのほうがカロリーも低くて済みます。
  • ツナから出る水分は美味しいので、上のラブラビや、そのほか炒め物のダシなどに使えます。
  • ゆで卵は細い糸を使うときれいに切れます。
  • きゅうりの切り方は好みでよいですが、大きいと口に当たって食べにくいので、レシピを参考に切ってみてください。
  • 付け合わせの定番はフライドポテトです。
  • 黒オリーブが種つきの場合、食べる人に種があることを伝えましょう。

Tips about cuisine

  • 「カスクルート」のアラビア語(チュニジアの公用語)の綴りは「كسكروت」。英語アルファベット表記に置き換えると「twrksk」でありこれを右から読んでいる。
  • 「カスクルート」の英語アルファベットでの綴りは「Kaskrout」。これはフランス語のバゲットサンドイッチの「Casse-croûte」(キャスクルート)に由来する。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。