カルネデスメチャーダ

  • :ベネズエラ料理、コロンビア料理、エクアドル料理

  • 現地表記

    :Carne desmechada(スペイン語)

  • 概要

    :ほぐした肉の煮込み

カルネデスメチャーダ

大コロンビア地域の料理が好きで、感銘を受けた一つが、肉を柔らかく煮て細かくほぐした、しぐれ煮のような料理です。トマトやにんにくが利いていて、柔らかさもしっとりさもあいまって、ごはんにもよく合うんです。しっかりと煮てしっかりとほぐしたものは常備菜にもうってつけで、作るのは簡単ですし失敗もほぼしないと思います。

材料

4~6人分):

玉ねぎ
1個
にんにく
1かけ
ピーマン
3個
にんじん
1/4本
セロリ
少々
トマト
2個
サラダ油
大2
塊肉(※1)
500g
トマト缶(※2)
1/2缶
ドライタイム
小1/2
ベイリーフ
1枚
小1/2
こしょう
少々
パクチー
少々
  • ※1:牛塊肉があれば良いです。豚塊肉で作ることもできます。
  • ※2:トマト缶は1缶約400gくらいのものを。半量を使うのでミキサーでピューレにするかダイスを使います。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎ、にんにく、ピーマン、にんじん、セロリをみじん切りにし、トマトを1cm角切りにしておく。
  2. 肉を煮込む鍋に玉ねぎとにんにくを入れ、サラダ油を入れて中火で熱し、軽く色づくまで5分くらい炒める。
  3. 鍋に塊肉、ピーマン、にんじん、セロリ、トマト、トマト缶、ドライタイム、ベイリーフ、水を入れ、フタをして2時間蒸し煮にする。鍋底に焦げ付かないように必要ならときどき底から返す。
  4. 火を止め、塊肉を取り出して皿の上に乗せ、手で触れるくらいに粗熱が取れたらフォークなどを使って細く裂く。
  5. 裂いた肉を鍋に戻し入れ、塩とこしょうを加えて混ぜて再度煮る。煮汁が減ってきたら火加減を弱める。
  6. 煮汁が減って肉に絡まってきたら味見をし、塩加減などを好みに調える。肉がパサついていると思う場合はサラダ油を追加する。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 牛肉で作るほうが深い色が出て美味しそうに見えます。豚肉で作ると白っぽくなるので、若干焦がしつけるように作るか、炒める時間を一層長くすると、深い色が出るようになります。
  • 仕上げにパクチーを加えてもよいです。
  • 隠し味にオレンジジュースを加えるレシピもあります。

Tips about cuisine

  • 「カルネデスメチャーダ」のスペイン語(ベネズエラ、コロンビア、エクアドルの公用語)の綴りは「Carne desmechada」。
  • 「Carne」(カルネ)は肉、「Desmechada」(デスメチャーダ)は「Deshilachar」(デスイラチャール、糸のように細くほつれさせるという意味)という動詞からきている言葉である。よって、「Carne desmechada」(カルネメチャーダ)は「細くほぐされた肉」のような意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です