フレンチ75

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:アニスシード
アニス

  • :フランス料理

  • 現地表記

    :French 75(英語)

  • 概要

    :アニスシード入りシャンパンカクテル

フレンチ75

かつてヨーロッパでは、アブサンはニガヨモギやアニスの蒸留酒であり、万能の薬、それからマラリアの薬、美酒として着実に飛躍しました。しかしアルコール中毒者、それから向精神作用物質の指摘から各国で製造等が禁止され、フランスでは1914年に禁止措置施行。パリのハリーズバー(Harry’s Bar)のバーテンダーであるハリーは、アブサンが販売禁止になってしまったことを残念に思い、アブサンのファンのお客のために1915年にアニスの風味のカクテルを考案した。・・・それがフレンチ75です。アニスを噛めばアニス酒の風味となって甘味と共に口に広がり、それを美しく洗い流すジンとシャンパンと柑橘のハーモニーは大変見事です。私のキッチンにはカクテルを作る専門の道具はなくて、計るときは大さじや計量カップですがいいんです(笑)。なお、ハリーズバーは、ブラッディーマリー、フレンチ75、サイドカーなど古典的なカクテルの発祥の店と言われています。

材料

1人分):

ジン
大3
レモン果汁
大2
グラニュー糖
小1
小1個
シャンパン(※1)
1C(※1)
アニスシード
小1/2
  • ※1:白のスパークリングワインならどれを使ってもよいです。またグラスが小さいとシャンパンが入りきらないのですが、グラスにあわせて全体の量を加減すればよいです。

調理時間

作り方

  1. すべての液体材料を冷蔵庫で事前に冷やしておく。
  2. ジン、レモン果汁、グラニュー糖を混ぜ、よくかき混ぜてグラニュー糖を溶かす。溶けたら氷1個を入れてステアし、さらに時間があれば冷凍庫に入れて凍らない程度によく冷やす。
  3. グラスに移し入れ、シャンパンをグラスの上まで注ぎ、アニスシードを散らしてできあがり。
  4. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 冷たいカクテルなので、すべての液体材料を事前に冷蔵庫で冷やしておきます。
  • シャンパンやスパークリングワインがないときに、白ブドウ缶酎ハイを使って作ってみたら、良い代用になりました。
  • アニスシードを噛み、アニスシードの香りを口の中に広げるようにしていただきます。

Tips about cuisine

  • フレンチ75の現地での表記は「French 75」。
  • 「French 75」は英語表記だが、フランス語文中でもこのまま用いられる。定冠詞がつくときは「Le French 75」。
  • 「French 75」の英語での読み方は「フレンチセブンティファイブ」、フランス語での読み方は「フレンチソワサントケャーンズ」のようになる。
  • 「French 75」の名前はフランスの野砲「Canon de 75 mm modèle 1897」に由来する。戦勝祈願がこめられているそうだ。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。