菜脯蛋(ツァイポーヌン)

  • :台湾料理

  • 現地表記

    :菜脯蛋(中国繁体字)

  • 概要

    :切り干し大根入りの卵焼き

菜脯蛋(ツァイポーヌン)

台湾現地のお店や屋台でしばしば見かける、切り干し大根の卵焼きです。家庭でもよく作られるとのことです。切り干し大根は、生の大根にはない滋味深い味わいがあります。その旨味を活かしてふわっと作られた卵焼きは、地味ながらも素晴らしい味わいです。

材料

2~4人分):

切り干し大根
40g(※1)
小ねぎ
刻んで1/2C
サラダ油
大3
小1/2
3個
大3~4(※2)
  • ※1:切り干し大根は乾燥時の重量です。戻して水気を絞った状態では150gくらいです。
  • ※2:水の量は卵1個分を目安にしています。よって大さじでなく卵の殻を使って計量してもよいです。

調理時間

(切り干し大根を戻す時間を除く)

作り方

  1. 切り干し大根を水でしっかり戻す。
  2. 小ねぎをみじん切りにする。小ねぎ少々を仕上げ用に取り分けておく。
  3. 切り干し大根をしぼってみじん切りにする。
  4. フライパンにサラダ油のうち大さじ2を入れて中火で熱し、切り干し大根をじっくり炒める。
  5. 塩と小ねぎを入れ、全体にまんべんなく塩味をつける。
  6. 味見をして塩加減を調える。
  7. 卵を割り、水を加えてよく溶く。
  8. 切り干し大根をフライパンの中でふわっと平たく円形に整え、卵をその上に均等にまわしかける。
  9. 菜箸で何箇所か切り干し大根を動かして、かたまっていない卵液とふわっと混ぜる。また、フライパンをゆすりながらヘラで卵焼きのフチを中央に寄せながら、きれいな円形を作るように焼く。
  10. 卵焼きのフチが固まってきたら、油を入れた大さじがフライパンのフチを一周するように、フライパンの全周に油大1を流し入れる。
  11. 卵焼きをゆすって、すべりが良くなり、少し裏面を観察して焼き色がついていることを確認したら、卵焼きをひっくり返して裏面を焼く。
  12. 焼き色がつきすぎないように裏面は短めの加熱時間で焼く。
  13. 裏面が表になるようにお皿に乗せる。
  14. 取り分けておいた小ねぎを散らしてできあがり。
  15. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 切り干し大根は乾燥時重量40gとし、水で戻して水気を切った状態で150gくらいを想定していますが、水で戻して水気を切って刻んでお茶碗軽く1杯くらいの目分量でもよいです。
  • ここでは小ねぎを使っていますが、その他の青菜を刻んで加えてもよいです。
  • ふわっと作るために、切り干し大根炒めや卵焼きをフライ返しなどでたたいてはいけません。
  • お皿に盛るときに焼き色が濃いときれいに見えないので、焼き色がつきすぎないように裏面は短めの加熱時間で焼きます。

Tips about cuisine

  • 「ツァイポー」(菜脯)は干し大根を使った漬物や干し大根、「ヌン」(蛋)は卵の現地の呼称である。よって「ツァイポーヌン」(菜脯蛋)は大根の漬物入り卵焼き、あるいは切り干し大根入り卵焼きという意味になる。
  • 中国普通話の呼称は、「ツァイプータン」(ピンイン:Cài pú dàn)である。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です