ガルディヤ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:粗びき唐辛子
粗びき唐辛子

  • モルディブ料理

  • 現地表記

    :ގަރުދިޔަ(ディベヒ語)

  • 概要

    :魚肉入りすまし汁

ガルディヤ

インドの近くに、海に浮かぶ美しい環礁群の島国があります。モルディブは本来は食べるものが魚とココナッツに極度に依存する食文化を有していました。今は観光大国としてインターナショナルな料理を観光客に提供する国ですが、庶民は、今も、家庭ごとの味わいで、このガルディヤを食べています。これはモルディブの最たる伝統料理。家庭ごとの味がある、分量なんてない、そんな料理なのです。魚をダシにしてすまし汁という文化をもつことは日本との共通点です。だからガルディヤはきっと多くの日本人に美味しいと、あるいはいつもの味だと言っていただける料理であることでしょう。

材料

2人分):

マグロの赤身(※1)
200g
500mL
小1/3
唐辛子(※2)
1本
  • ※1:マグロの肉は塊で用意します。現地ではカツオも使われているので、カツオの肉でもよいです。
  • ※2:あれば生唐辛子を使うとよいです(赤も緑も可)。なければ乾燥鷹の爪をまるごと1本使います。

調理時間

作り方

  1. (切り身でなく一匹魚をおろして使う場合は、肉に血がついていたら下洗いする。)
  2. (頭や内臓を使う場合は、沸騰した湯に入れて下ゆでする。)
  3. 【本調理スタート】4cm角くらいに角切りにしたマグロの肉と水を鍋に入れ、中火~弱火で煮汁が透き通るまで(30分くらい)煮る。あまりに煮汁が減ってきたら水を足す。
  4. 塩を控えめに入れ、味見をして塩加減を調える。
  5. 唐辛子を入れて中火でさらに煮る。
  6. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 薄味でよければもっと水を入れてたっぷり作ってもよいです。
  • 現地では頭や内臓を入れるレシピもあります。
  • 唐辛子を切って使うと辛くなりすぎるので、切らずに使います。また煮込み時間が長くなるほど辛味が出やすくなるので、辛くなりすぎないように途中で取り出してもよいです。
  • 強火でぐらぐら煮ると汁がにごるので、中火~弱火で煮るとよいです。
  • 玉ねぎスライス、カレーリーフなどを、唐辛子と同じタイミングで加えてもよいです。この写真ではカレーリーフを加えています。
  • アクは取ってもよいですがずっと煮ていると煮汁に戻る(そしてそれが旨味になる)ので、取っても取らなくても、軽く取る感じでもよいです。

Tips about cuisine



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です