スパゲッティアーリオオーリオペペロンチーノアッチューガ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:こしょう
こしょう

  • イタリア料理、マルタ料理、サンマリノ料理

  • 現地表記

    :Spaghetti aglio olio peperoncino acciuga(イタリア語)

  • 概要

    :にんにく唐辛子アンチョビ仕立てのスパゲティー

スパゲッティアーリオオーリオペペロンチーノアッチューガ

これはイタリアやマルタやサンマリノの代表的な家庭料理だと思います。にんにくと唐辛子とアンチョビがたっぷりのオリーブオイルで美味しく香り、シンプルでも旨味が濃厚で、シンプルながらにやみつきになる料理です。こういう料理こそ、本当の家庭料理であり、本物の国民食だと思いませんか。アンチョビの発酵した魚くささは、どこか和の風味を感じるものがあります。日本人の舌も発酵食品に親しんでいるので、アンチョビ仕立てのスパゲティーも、きっと多くの人に気に入ってもらえるのではないかと思っています。

材料

2人分):

にんにく
3かけ
唐辛子(※2)
1本
パセリ(※3)
刻んで大3
アンチョビ
刻んで大2
スパゲティー(※1)
180g
オリーブオイル
大3
こしょう
少々
  • ※1:スパゲティーは種類を問いませんが、あまり細すぎず太すぎないものを使うとよいです。
  • ※2:ここでは鷹の爪を1本使いました。
  • ※3:パセリはあればイタリアンパセリがよいです。なければセロリの葉やハーブなどでもよいです。

調理時間

作り方

  1. にんにくを上から押してつぶしてから薄切りにする。唐辛子は短くちぎるかキッチンばさみで切る。パセリはみじん切りにしておく。
  2. アンチョビを刻み、包丁とまな板の間で丹念にすりつぶすか、裏ごしする。
  3. スパゲティーをゆでる鍋に4Lくらいの湯を沸かし、塩(分量外)を大さじ1杯ほどいれて強火にかけて沸騰させる。
  4. 沸騰したらスパゲティーのゆで時間を確認してから湯に入れ、ゆではじめる。
  5. 隣のコンロでフライパンにオリーブオイルを入れて強火で加熱し、煙が出始めるタイミングを見計らって、にんにくと唐辛子を入れ、キツネ色になりはじめたタイミングを見計らってパセリとアンチョビペーストとこしょうを入れ、菜箸で軽く混ぜたらすぐにスパゲティーのゆで汁を60mLほど加える。
  6. フライパンの中を軽く混ぜ、味見をし、塩加減、こしょう加減、辛さ加減、アンチョビの量などを好みに調える。
  7. ゆであがったスパゲティーをフライパンに入れ、強火で煮汁を飛ばすようにしながら全体を均一に混ぜる。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 唐辛子をちぎるとき、種は入れても入れなくてもよいです。
  • 唐辛子の辛さがちゃんと感じられるように、唐辛子は辛い品種を使うとよいです。
  • 今回は2口コンロを前提としてレシピを書きましたが、1口コンロの場合、先にフライパンでにんにく唐辛子パセリアンチョビ炒めを作り、スパゲティーの煮汁を加える直前まで作っておきます。
  • にんにくや唐辛子が焦げると美味しくなくなるので、色が変わりはじめた瞬間を見逃さないようにし、すぐに次の作業に入るようにします。
  • スパゲティーのゆで汁60mLは大さじ4杯に相当しますが、事前にお玉の容積を先に計っておくと一発で計量できます。

Tips about cuisine

  • 「スパゲッティアーリオオーリオペペロンチーノアッチューガ」のイタリア語(イタリア、マルタ、サンマリノの公用語)の綴りは「Spaghetti aglio olio peperoncino acciuga」。
  • 「Spaghetti」(スパゲッティ)はスパゲティー、「aglio」(アーリオ)はにんにく、「olio」(オーリオ)は油(現地ではオリーブオイル)、「peperoncino」(ペペロンチーノ)は唐辛子仕立て、「acciuga」(アッチューガ)はアンチョビの意味。よって、「Spaghetti aglio olio peperoncino acciuga」(スパゲッティアーリオオーリオペペロンチーノアッチューガ)はオリーブオイルにんにく唐辛子アンチョビ仕立てのスパゲティーという意味になる。
  • 「acciuga」(アッチューガ)は単数形で「acciughe」(アッチューゲ)は複数形。アンチョビフィレ数本が加算可能な形で入っていれば複数形がよいかもしれないが、この料理名は単数形使用でよい。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です