リネモクドニ

  • 北マリアナ料理

  • 現地表記

    :Linemok Donne’(チャモロ語)

  • 概要

    :唐辛子ペースト

リネモクドニ

いろんな国に、それぞれの唐辛子ペーストがあって、楽しいですよね。北マリアナでは、リネモクドニと呼ばれ、地元産のものはお土産としても喜ばれています。一度作ると、冷蔵庫で1年でも2年でも長持ちするのは、酢と塩のおかげでしょう。生の赤唐辛子がたっぷり手に入る旬の時期に、一度作って見てください。
本企画は「クイジナート×レシピブログ」のコラボ広告企画です。「クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー」をモニタープレゼントされ、「クイジナート×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加しています。

ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト
ハンブレでらくらく♪時短レシピコンテスト

材料

300mL容器2つ分):

生の赤唐辛子(※1)
400g
にんにく
50g
大1
酢(※2)
100mL(※3)
  • ※1:日本で「鷹の爪」になる品種の唐辛子でも構いません。
  • ※2:伝統的には南の島ではココナッツの果汁が発酵してできるココナッツビネガーを使いますが、日本の米酢で構いません。
  • ※3:最後に唐辛子ペーストを覆うまで加えるので、量は加減します。

調理時間

作り方

  1. ハサミを使う手が右利きの場合、唐辛子のヘタの反対側を左手でもち(切り口に手を触れないようにするため)、右のヘタをハサミで切り落とし、2回ハサミを入れて身を3つに切断しながら、縦長の容器またはミキサーに入れていく。
  2. にんにくの皮をむいて、塩とともに容器またはミキサーに入れる。
  3. 酢を半量(50mLくらい)入れる。
  4. 容器を使う場合はハンドブレンダーで、ミキサーならそのまま、中身を粗く粉砕する。
  5. 酢を少しずつ追加し、ハンドブレンダーにかける。これを繰り返して内容物全体が均一に細かくなり、内容物が酢で覆われるようにする。
  6. 室温で1日置き、ビンに小分けにして入れ、冷蔵庫で保存する。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 唐辛子のフレッシュな香気は目やのどに刺激が強いので、換気扇をまわした上で作業をします。
  • 唐辛子の切断面を素手で触ると刺激が強すぎるので、切断面に触れないように、はさみを使って唐辛子を切断しています。
  • 種を取ってもよいですが、種を取らなくてもよいです。
  • ハンドブレンダーやミキサーにかけるときは、種は粉砕されずに残っていてもよいです。
  • 作ってから数日置くと生唐辛子の生くささが飛んで味が安定し、軽く発酵して美味しさが増します。
  • 容器を滅菌するなど保存条件を良くすれば、冷蔵庫で1年経っても傷まず、長期保存も可能です。

Tips about cuisine

  • 「リネモクドニ」のチャモロ語(北マリアナの公用語)の綴りは「Linemok Donne’」。
  • 「Linemok」(リネモク)は「挽く」(英語のgrind)の意味、「Donne’」(ドニ)は唐辛子の意味。よって「Linemok Donne’」(リネモクドニ)は「挽いた唐辛子」つまり「唐辛子ペースト」の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です