フリブズナシンニャムクロップ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:ディルシード
ディル

  • ウクライナ料理

  • 現地表記

    :Хліб з насінням кропу(ウクライナ語)

  • 概要

    :ディルの種入りパン

フリブズナシンニャムクロップ

ディルというハーブは、東欧や北欧では多くの地域でごく日常的に使われるハーブです。葉はうっとりする柔らかさと甘い風味があり、種はスッキリする香気があります。このディルの種を生地に練り込んだパンは、よく噛んで食べることで、種の中の強く心地よい香りが口に広がります。焼き立てであるほど、バターもジャムもおかずも要らないくらいに美味しいので、2人が1度に食べ切る分量でレシピ化しています。

ワインのおつまみ料理レシピ

ワインのおつまみ料理レシピ  スパイスレシピ検索

材料

2人分):

強力粉
180g
砂糖
小2
小2/3
バター
大2/3
ドライイースト
小2/3
ぬるま湯
100mL(※1)
ディルシード
小1
  • ※1:水の使用量は粉の種類や粉の水分含有量や気温などによって変わります。心配な場合は少なめに加え、様子を見て量を増やしていきます。

調理時間

(気温により変動する)

作り方

  1. ボウルにディルシード以外の材料を全て入れる。
  2. ヘラである程度まとまるまで混ぜる。
  3. 片手で生地をボウルの底に押し付けるようにして生地をこね、生地が全量まとまったら作業台の上でこねる。
  4. 最初はべたべたしているが、生地に弾力がつき、まとまってきて、べたつきがなくなってくるまでこねる。いつまでも生地が粘着するなら強力粉を足し、ふわふわせず生地が硬い場合は水を足す。
  5. 生地をボウルに入れ、フタをして、暖かい場所に40分ほど、あるいは、生地が3割増し程度に膨らむまで置く。
  6. ディルシードを生地に混ぜるように軽くこね直し(これがガス抜きにもなる)、立体的な山型に成形する。
  7. ラップなどをかけて暖かい場所に40分ほど、あるいは、生地が3割増し程度に膨らむまで置く。この間にオーブンを200℃に予熱しておく。
  8. 200℃のオーブンで25分ほど、あるいは、表面が良い焼き色になるまで焼く。
  9. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 現地ではライ麦粉をよく使いますが、日本ではやや手に入りにくいので、このレシピでは強力粉を使用しています。もちろん現地にも小麦粉を使用するパンは数多くあります。
  • 生地の発酵時間は気温によって大きく変わります。冬は暖房器具の付近に置くか、湯煎にします。
  • 私はシリコン製のパン焼きバッグを持っているので、バッグの中で、こね、発酵、焼きをすべて一本化して行っています。

Tips about cuisine

  • 「フリブズナシンニャムクロップ」のウクライナ語(ウクライナの公用語)の綴りは「Хліб з насінням кропу」。
  • 「Хліб」(フリブ)はパン、「з」(ズ)は英語のwithすなわち「~と共に」、「насіння」(ナシンニャ)は種、「насінням кропу」(ナシンニャムクロップ)はディルの種という意味。よって「Хліб з насінням кропу」(フリブズナシンニャムクロップ)は「ディルの種入りパン」という意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です