ヘナキスアシツァラマス

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:こしょう、コリアンダーパウダー
こしょうコリアンダーパウダー

  • マダガスカル料理

  • 現地表記

    :Hena kisoa sy tsaramaso(マダガスカル語)

  • 概要

    :豚肉と白インゲン豆の煮込み

ヘナキスアシツァラマス

マダガスカルを旅すると、割とどこで食べても同じようなメニューに出会います。この白インゲン豆の煮込みもよく食堂のメニューに書いてあって、マダガスカルでよく食べられている国民食なのだと思ったものです。豚肉の旨味が豆になじんだものはなかなか美味しいです。マダガスカルは1皿に入るおかずの量が少ないので、この作成量も少なめです。塩味を比較的しっかりつけ、ごはんをもりもり食べると、マダガスカルの食文化の理解の一端にもなるのではないかと思います。また、元フランス領の国でフランスパンもよく食べられているので、フランスパンと一緒に食べるのもこれまた美味しいです。

材料

2人分):

白インゲン豆
ゆでたものを1/2C(※1)
豚薄切り肉(※2)
白インゲン豆と同体積
トマト
1個
玉ねぎ
1個
にんにく
1かけ
サラダ油
大1/2
300mL
こしょう
少々
コリアンダーパウダー
少々
小1/3~小1(※3)
  • ※1:白インゲン豆は水煮の缶詰を使うと調理が簡単です。
  • ※2:豚肉はコマ切れ肉でよいです。
  • ※3:塩加減が強すぎると台無しなので、小1/3くらいから加えて味見で調整します。

調理時間

(白インゲン豆を戻して煮る時間を除く)

作り方

  1. (白インゲン豆を乾燥豆から煮る場合、1晩水に浸け、30分くらいゆでる。)
  2. にんにくをみじん切りにし、玉ねぎを粗みじん切りにし、豚薄切り肉を2cm角くらいに切り、トマトを2cm角に切る。
  3. フライパンに油を入れて加熱し、にんにく、玉ねぎ、豚肉、トマトを入れ、トマトを潰しながら炒める。
  4. 白インゲン豆を入れて更に炒める。
  5. 水、こしょう、コリアンダーパウダー、塩少々を入れて、全体を混ぜながら数分間煮る。
  6. 水分が割と飛び、煮詰まってもったりとしてきたら、味見をして塩加減を調える。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • コリアンダーパウダーがなければ省いてよいです。しかしあればベースの旨味が増します。
  • 生のトマトの代わりに、トマト缶(ホール)のトマトを使ってもよいです。
  • 生姜をおろして少々加えるレシピもあります。
  • 最初から塩を入れすぎると取り返しがつかなくなるので、最初は塩を小さじ1/3くらい入れておき、煮詰まった頃に味見をして塩加減を調えます。
  • 塩加減は、ごはんをもりもり食べる場合はやや強めにし、他におかずがあれば控えめにするなど、好みで加減します。
  • フランスパンと一緒に食べる場合、パンに塗るバターを兼ねて、サラダ油を多めに入れてもよいです。

Tips about cuisine

  • ヘナキスアシツァラマスのマダガスカル語(マダガスカルの公用語)の綴りは「Hena kisoa sy tsaramaso」。
  • マダガスカル語では「o」は「ウ」の音になるため、「kisoa」は「キスア」、「tsaramaso」は「ツァラマス」の音に近くなる。
  • 「Hena」(ヘナ)は肉、「Kisoa」(キスア)は豚、よって「Hena kisoa」(ヘナキスア)は豚肉の意味である。そして「Sy」(シ)は英語のwith、「Tsaramaso」(ツァラマス)は白インゲン豆を意味する。よって「Hena kisoa sy tsaramaso」(ヘナキスアシツァラマス)は「豚肉とインゲン豆の料理」のような意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です