トリンタブルブスルバススール

  • リトアニア料理

  • 現地表記

    :Trinta bulvių sriuba su sūriu(リトアニア語)

  • 概要

    :チーズ入りのじゃがいもクリーミーポタージュ

トリンタブルブスルバススール

これはリトアニアの感激スープです。じゃがいもから丁寧に作るポタージュだけでも美味しいのに、更にチーズの美味しさが口に広がります。ぐっとくるこの風味と口当たり、たまりません。

材料

2人分):

玉ねぎ
1/2個
セロリの葉
ひとつかみ
バター(※1)
大1
じゃがいも(※2)
2個
適量(※)
牛乳
300mL
鶏がらスープの素
小1/2
少々
こしょう
少々
チーズ(※4)
30g(※5)
パセリ(※6)
少々
  • ※1:バターの代用はマーガリンで。
  • ※2:じゃがいもの品種は問いません。ただしメークインだとほぐれるのに時間がかかるかもしれないので、さらっとほぐれやすい男爵やキタアカリを使うと良いと思います。
  • ※3:使用する水の量は、じゃがいもがちょうど浸るくらいの量とします。
  • ※4:チーズの種類は、とろけるチーズ、ピザ用の刻みチーズ、クリームチーズなど、スープに均一に溶けるものであればよいです。
  • ※5:チーズ30gは大2に相当する量を想定していますが、多くても美味しいので適当な量でよいです。
  • ※6:パセリがない場合は、彩りを目的とし、他の緑色の野菜や、緑色の乾燥ハーブでもよいです。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎとセロリの葉を粗みじん切りにする。
  2. フタのできる小鍋にバターを入れ、玉ねぎとセロリの葉をじっくり炒める。
  3. その間にじゃがいもの皮をむいて1cm幅の角切りにする。
  4. 鍋に入れて、ちょうどかぶるくらいの水を入れ、弱火でじっくり煮る。
  5. じゃがいもがやわらかく煮えたら、牛乳、鶏がらスープの素、チーズの半量を入れ、チーズがしっかり溶けたらバーミックス又はミキサーにかけて均一にする。
  6. 再び鍋に戻して弱火で煮てクリーミーポタージュにし、塩、こしょうで味を調える。
  7. 器に盛り、仕上げに残りのチーズとパセリを乗せる。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • あれば生クリームを少々入れて煮てもよい。

Tips about cuisine

  • 「トリンタブルブスルバススール」のリトアニア語の綴りは「Trinta bulvių sriuba su sūriu」。
  • 「Trinta」(トリンタ)はクリーミー、「bulvių」(ブルブ、ただし発音はブルーに聞こえる)はじゃがいも、「sriuba」(スルバ)はスープ、「su」(ス)は英語のwith、「sūriu」(スール)はチーズ。よって「Trinta bulvių sriuba su sūriu」(トリンタブルブスルバススール)は「チーズ入りのじゃがいもクリーミーポタージュ」のような意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です