ペルナリエスカ

  • フィンランド料理

  • 現地表記

    :Perunarieska(フィンランド語)

  • 概要

    :じゃがいも入り生地で作る薄パン

ペルナリエスカ

18世紀にドイツからじゃがいもが持ち込まれて以来じゃがいもをよく食べるフィンランドではじゃがいもを使ったレシピが多数あります。ゆでたけれども食べなかった、残ったゆでじゃがの有効利用法もさまざまとあり、このつぶしたじゃがいもで作る非発酵の薄パンも国民食です。表面に穴をあける専用の道具が売られているほどです。焼き立てにバターを塗って食べるととっても美味しくて、それはきっと生地にじゃがいもが入っているからなのです。

材料

5~6枚分):

ゆでじゃが(※1)
200g
小1/2
1個
小麦粉(※2)
1C
ベーキングパウダー
小1
  • ※1:ゆでおきのじゃがいもでよい。
  • ※2:全粒粉があるとよい。

調理時間

(じゃがいもをゆでる時間を除く)

作り方

  1. ゆでじゃがの皮をむき、フォークや専用のマッシャーを使ってマッシュポテト状につぶす。
  2. オーブンの最高温度で余熱を開始する。
  3. ボウルの中ですべての材料を混ぜ、均一になるようにこねる。
  4. 手に油をつけて5~6等分にして丸める。
  5. 手をいったん洗って、生地に打ち粉(分量外、粉の種類は問わない)をしながら両手の手のひらでパンパンとたたき、少しずつ薄くしていき、5mm厚さまで延ばし、クッキングシートに乗せる。
  6. フォークで表面に穴をあけ、オーブンに入れる。
  7. 表面がところどころ黒く焦げてきた頃合いでひっくり返し、両面が焼けたらオーブンから出す。
  8. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 生地を薄くして、高温でさっと焼くように調理します。

Tips about cuisine

  • 「ペルナリエスカ」のフィンランド語(スオミ語)の綴りは「Perunarieska」。
  • 「ペルナ」(Peruna)はじゃがいも、「リエスカ」(rieska)は薄パンの意味。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です