グラタンドーフィノワ

  • :フランス料理、モナコ料理

  • 現地表記

    :Gratin Dauphinois(フランス語)

  • 概要

    :にんにく入りのじゃがいものクリームグラタン

グラタンドフィノワ

フランスのごく気軽な家庭料理。じゃがいもをたっぷり並べて、たっぷりのクリームをかけて、美味しいグラタンを気軽にどうぞ! にんにく風味がこれまた美味しいです。

材料

3~4人分):

じゃがいも
400~500g
にんにく
2片
小1/2
こしょう
少々
ナツメグパウダー
少々
生クリーム
1C

調理時間

作り方

  1. オーブンを200度に余熱開始。
  2. じゃがいもを3~5mm厚さに切る。
  3. にんにくをみじん切りにし、耐熱容器の底ににんにくのみじん切りを散らし、じゃがいもを1段並べ、塩の一部をぱらぱらとふり、こしょうとナツメグパウダーをぱらぱらとかける。
  4. じゃがいもをもう1段並べ、塩、こしょう、ナツメグをかける。これを3段くらい繰り返す。
  5. 最後に生クリームをかけ、オーブンに入れて、200度で、表面に割としっかりと焼き色がつくまで焼く。
  6. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • じゃがいもの調理法には幾つかパターンがあります。1:生のまま、2:少々の牛乳の中に入れてフタをして蒸し煮、3:ゆでじゃがをスライス、4:先にじゃがいもをバターで炒めておく、など、調理法は家庭によりまちまちです。ここでは生のまま調理しています。
  • オーブン加熱時間は、200度で20分を参考に。ただ、じゃがいもを事前に加熱しておくともっと焼き時間は短くなります。
  • チーズを入れるレシピもあり、その場合はグリュイエールチーズの風味が好まれます。
  • じゃがいもは水にさらさない。水にさらすとデンプンが落ちてしまい、グラタンにしたときの接着力が落ちてしまう。
  • 深い器にすると生クリームに浸らないじゃがいもが増えてしまうのと、焦げ目がついたじゃがいもが美味しいので、浅く広い耐熱皿を使うほうが美味しく出来上がる。

Tips about cuisine

  • 「グラタンドーフィノワ」のフランス語(フランスやモナコの公用語)の綴りは「Gratin Dauphinois」。
  • 「グラタン」(Gratin)はグラタンの意味、ドーフィノワはフランス南東部のドーフィネ(Dauphiné)地域の郷土料理という意味。
  • この料理が初めに記録に登場するのは1788年7月12日。侯爵の夕食会に出された。
  • 現地ではロースト肉の付け合わせとして最も愛される。ただし、チキンを始め家禽料理には添えない。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です