イガドアラポルトゥゲーサ

  • :スペイン料理、ジブラルタル料理、アンドラ料理、セウタ料理、メリリャ料理

  • 現地表記

    :Hígado a la portuguesa(スペイン語)

  • 概要

    :レバーのビネガー炒め焼き

イスカス

レバー料理は、酢を使うと爽やかな味わいになって、美味しくいただけます。もちろん日本料理のニラレバ風も好きですが、ポルトガル風に酢で調理するのもはまりそうです。この料理はポルトガルを起源とすると言われているものが、同じイベリア半島内の近隣国でもよく食べられています。じゃがいもと一緒にいただくのが定番です。

材料

4人分):

じゃがいも
4個
レバー(※1)
200 g
にんにく
1~2かけ
ベイリーフ
1枚
白ワイン
大2
大1/2
少々
こしょう
少々
バター(※2)
大1
  • ※1:レバーは、豚レバーか牛レバーがよいです。
  • ※2:バターのかわりにラードや牛脂でもよいです。

調理時間

作り方

  1. じゃがいもを皮ごと水に入れてゆではじめる。
  2. レバーを6~7mmくらいの厚さにスライスし、大きければ食べやすいサイズに切り、ボウルに入れる。
  3. にんにくを粗みじん切りにしてレバーのボウルに入れ、ベイリーフ、白ワイン、酢、塩、こしょうを加え、優しく全体を混ぜて、しばらく置いておく。
  4. じゃがいもに菜箸が通るようになったらザルにあげ、皮をむいて縦2つ割り(あるいは食べやすいサイズ)にして、お皿に並べる。
  5. レバーをマリネしたボウルから、レバーを別の容器に取り出しておく。
  6. フライパンにバターを入れて加熱し、レバーをマリネしたボウルに入っている固形分(にんにくとベイリーフ)を取り出して炒める。
  7. 火が通ったら、レバーを加えて炒める。
  8. レバーに7割火が通ったら、マリネの漬け汁をすべて加えて炒め煮にする。
  9. レバーに9割火が通ったら、レバーを取り出してじゃがいもの上に乗せ、フライパンに残ったタレをソースとしてかける。
  10. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • レバーの血抜きはしなくてよいです。
  • レバーは火を10割通すと、余熱で火が通りすぎてぼそぼそになるので、予熱で10割火が通るよう、すなわちフライパンの中で完全に火が通らないように注意すると、レバーがぼそぼそせずに美味しくいただけます。

Tips about cuisine

  • 「イガドアラポルトゥゲーサ」のスペイン語(スペイン、セウタ、メリリャの公用語、ジブラルタルとアンドラで通じやすい言語)の綴りは「Hígado a la portuguesa」。
  • 「Hígado」(イガド)はレバー、「a」(ア)は方向性を指す単語で、「la」(ラ)は英語のtheのような定冠詞、「portuguesa」(ポルトゥゲーサ)はポルトガルの形容詞で「ポルトガルの」の意味である。よって「Hígado a la portuguesa」(イガドアラポルトゥゲーサ)は「ポルトガル風のレバー料理」という意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。