シューバイ、セリョードカパシューバイ

シューバイ、セリョードカパシューバイ、ロシア料理、ウクライナ料理、にしんの層状サラダ。

シューバイ、セリョードカパシューバイ

シューバイとは毛皮のコートを意味する言葉で、ニシンの塩漬けまたは酢漬けが美味しくそして美しいサラダをまとったことからこの名前がつけられました。正確に呼ぶとセリョードカパシューバイとなります。
材料(2人分):

ニシンの塩漬け又は酢漬け・・・好きな量
玉ねぎ・・・好きな量
酢又はピクルスの漬け汁・・・適量
にんじん・・・好きな量
じゃがいも・・・好きな量
スメタナ・・・適量
ビーツ缶・・・好きな量
塩、砂糖、酢、スメタナ・・・適量
ディル・・・適量
調理時間:
作り方:

  1. ニシンの塩漬け又は酢漬けは、5mm角に切る。
  2. 玉ねぎを細かいみじん切りにし、酢又はピクルスの漬け汁少々になじませておく。
  3. にんじんを5mm厚さにスライスしてゆで、5mm角切りにする。
  4. じゃがいもの皮をむき、5mm厚さにスライスしてゆで、5mm角切りにし、スメタナで和えてポテトサラダを作っておく。
  5. ビーツ缶からビーツを取り出し、5mm角に切り、塩、砂糖、酢、スメタナで和えてピンク色がきれいなビーツサラダを作っておく。
  6. できればガラスの容器にニシンを入れ、コップの裏側でたたいて敷き詰めるように空気を抜き、玉ねぎを入れて同様に敷き詰めるように空気を抜き、にんじんを入れて同様に、ポテトサラダを入れて同様に、ビーツサラダを入れて表面をヘラでならし、きれいな層状にする。
  7. 仕上げにみじん切りのディルを散らす。
  8. Enjoy!
こつは:
・玉ねぎを細かいみじん切りにし、酢又はピクルスの漬け汁少々になじませておくことで、辛味をやわらげています。
・材料の分量は、ガラス容器のサイズによって異なります。
・ディルがなければパセリなどの代用で。
・スメタナがなければヨーグルト、あるいはヨーグルトと生クリームのミックスで代用。
・今回の用途であれば、ヨーグルトはマヨネーズで代用してもそれほど違和感ありません。
・層の重ね方は、本当に多種多様です。画像検索などで是非見てみてください。

Tips about cuisine

・「セリョードカパシューバイ」のロシア語の綴りは、「Селёдка под шубой」。
・「セリョードカ」(Селёдка)は、「ニシン」の意味。
・「パ」(ゆっくり読めばパッド、под)は英語のunderと同じ意味。
・「シューバイ」(шубой)は「毛皮のコート」の意味。
・ウクライナ語での綴りは「Оселедець під шубою」で、「オセレデツピドゥシューボイ」と読む。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です