ドロップスコーン

ドロップスコーン、英国、フォークランド、小さなパンケーキ

ドロップスコーン

ホットケーキのタネを、スープスプーンで1さじずつ落として焼くから、「ドロップスコーン」。南極に近い秘境フォークランド諸島に住む、イギリス人の家系のおばあちゃんが教えてくれました。可愛らしくて、クリームやジャムなど好きなものをちょんちょんと乗せていただくのがとっても楽しいんです。私は小麦粉や卵から作りますが、ホットケーキミックスからタネを作って、ちっちゃく焼けば、楽ちんですよね。ここでは粉から作るレシピを乗せておきます。何事もテキトーなので、テキトーに作ってもうまくいきますよ。
材料:

薄力粉・・・100g
砂糖・・・小2
・・・1個(小さいのでよい)
溶かしバターかマーガリン・・・あれば少し
牛乳・・・150mL
サラダ油・・・小1
ベーキングパウダー・・・小1/2
調理時間:
作り方:

  1. 材料を全部混ぜて、冷蔵庫で30分くらい寝かす。
  2. 大さじ1ずつテフロンのフライパンに落として小さなホットケーキをたくさん作るように焼く。
  3. クリーム、ジャム、ハーブなど好きなトッピングを乗せる。
  4. Enjoy!
こつは:
・焼くときにバターやマーガリンを敷いてもいいです。
・ホットケーキミックスを使うと本当に簡単です。

Tips about cuisine

・英語の綴りは「Drop scorns」。
・別名「スコッチパンケーキ(Scotch pancakes)」すなわち英国スコットランド州のパンケーキ。
・私が食べたのは南米の南極に近いフォークランド諸島です。英国人住民の国なので。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

3 thoughts on “ドロップスコーン

  1. aco より:

    私もウェールズ出身の人の教わった事があります!
    ちなみに綴りはDrop Sconeではないでしょうか?

  2. acoさんありがとうございます!
    ウェールズは私も夫もまだ行ったことがなくて、ウェールズにこの料理があるとなると、わくわくしてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です