ラッシー

  • インド料理

  • 現地表記

    :لسّی‎(ウルドゥ語)

  • 概要

    :基本のプレーンラッシー(発酵乳飲料)

ラッシー

このラッシーのレシピを完成させるに至るまでには長い時間がかかりました。それは、似てそっくりなものは簡単に作れても、私自身がインドやパキスタンで飲んだあの味に重なる、「これだよ!」と歓喜をあげるような出来に至らないことが続いたからです。私の何倍もインドやパキスタンに浸かってきた夫の率直な意見を含めて何度もやり直しをしてやっとできた、しかもそれは複雑な分量ではなく、日本の調理環境で作れるよう、材料はスーパーで売っている無糖ヨーグルトと牛乳とし、なおかつ、1人分でヨーグルト50 g+牛乳100 g+砂糖小さじ1杯という覚えやすい数字に調整までした諸手を挙げられたレシピを公開します。もちろん現地にもいろんな人がいろんな味や濃さのラッシーを作っているのですけれど、これはこれで満足のいく出来栄えです。

材料

2人分):

無糖ヨーグルト(※1)
100 g
牛乳
200 g
砂糖
小2
  • ※1:ヨーグルトはそのまま食べて酸味が強くて濃厚で美味しいものを選ぶとよいです。

調理時間

(冷蔵庫で冷やす時間を除く)

作り方

  1. <前日>無糖ヨーグルトと牛乳を冷蔵庫に入れて冷やしておく。
  2. <当日>全ての材料をミキサーに入れて均一に撹拌する。
  3. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 撹拌直後にグラスに注いだ場合1人分が約220 mL、少し時間が経って泡が減ったときには約160 mLでした。
  • 氷を入れてミキサーにかけるより、材料を冷やしておいて氷なしで作るほうが現地の味わいに近いと思いました。
  • ヨーグルトは酸味がしっかりしていて濃厚なものを選ぶと美味しいと思います。
  • ミキサーがない場合は大きなボトルに入れてフタをしてシェイクするなどの方法で作ることができます。ボウルと泡だて器でもよいです。

Tips about cuisine

  • ラッシーのウルドゥ語(パキスタンの公用語)の綴りは「لسّی‎」。
  • 「لسّی‎」(ラッシー)の「ّ」は二重子音を表し「سّ」が「س س」となる。よって「لسّی‎」(ラッシー)は「ل س س ی‎」が「l ss i:」でこれを右から読む。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。