パナカム

  • インド料理

  • 現地表記

    :पन्नाकम(ヒンディー語)

  • 概要

    :甘酸っぱいスパイスウォーター

パナカム

インドのパナカム、美味しいですよ。夏の冷涼ドリンクにとても気に入った美味。砂糖とレモン果汁が入って甘酸っぱくて、そこにこしょう、カルダモン、ジンジャーが入ってスパイシー。その味は「炭酸のないコーラの味」と例えると伝わりやすいでしょうか。炭酸がないので飲みやすく、暑い日にすいすいと飲めてしまう美味しさです。水にスパイスを入れて飲むことにはなかなか躊躇してしまいますが、夫が「これいつも冷蔵庫に入れておいてよ」と珍しいことを言うからびっくり。一度作ってみて、もしもっとビシバシスパイシーでも好みに合いそうなら、水を半量にするなどして「甘さガッチリ、酸っぱさカキーン、目が覚めちゃうびっくりスパイシー」のように作っても美味しいです。でもまあそれだと糖分が多すぎるので、以下のレシピくらいでほどほどに作るのが良いかもしれません。

材料

1 L分):

1 L
茶色い砂糖(※1)
60 g
こしょう
小1/4
カルダモンパウダー
小1/4
ジンジャーパウダー
小1/4
レモン果汁
大3
ホーリーバジル(※2)
飲むカップの数
  • ※1:現地ではジャガリー(未精製糖)を使います。代用については下のコツ欄参照。ここではグラニュー糖と黒糖を混ぜて使いました。
  • ※2:ホーリーバジルの代用はミントの葉がよいです。なければ省きます。

調理時間

作り方

  1. 水の一部(50~100 mLくらい)を小鍋に入れて沸かし、茶色い砂糖を加えて溶かす。
  2. 残りの水、こしょう、カルダモンパウダー、ジンジャーパウダー、レモン果汁を入れ、火にかけないで混ぜる(火にかけないで)。
  3. 味見をし、甘さ加減、酸味加減、スパイス加減を好みに調える。
  4. 数分ほど放置し、上澄みを容器に取り、冷蔵庫で冷やしておく。
  5. 飲むときにカップに注ぎ、ホーリーバジルの葉を浮かべて出来上がり。
  6. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 現地で使われるジャガリーは未精製糖で茶色い色をしています。この写真ではグラニュー糖40 gと黒糖20 gを使って代用しました。そのほかの砂糖でも代用にはなりますが、出来上がりの良い茶色を出すために、色合いを黒糖で調整するとよいです。
  • 現地ではカンフル(日本ではタンスの防虫剤の成分)を加えて作りますが、このレシピでは省いています。

Tips about cuisine

  • 「パナカム」のヒンディー語(インドの公用語)の綴りは「पन्नाकम」
  • 「パナカム」のテルグ語の綴りは「పానకం」、タミル語の綴りは「பானகம்」。
  • 現地ではラムナバミ(ラーマ神の降誕祭)で飲まれるドリンクである。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。