タロチップス

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2021】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:カレー粉、ガーリック
カレー粉ガーリック

  • クック料理

  • 現地表記

    :Taro chips(英語)

  • 概要

    :タロイモのスパイシーフライ

タロチップス

クック諸島を旅したときに滞在した宿では、宿が開催する「アイランドナイト」に参加しました。宿の人が調理したクック伝統料理がずらりと並ぶ、ローカルフード好みの旅人には大興奮のひとときです。クックはポリネシア人の島でニュージーランドの自由連合国。土着の食材を代表する主食のタロイモが、南半球指折りの先進国であるニュージーランド由来の調味料等で美味しく料理されるのです。アイランドナイトでいただいて美味しかった「タロチップス」をまた食べたくなって、私は大きなサトイモで作りました。こういうイモ料理を主食として食べると、南の島の食文化に自分も浸った気分になって、なかなか楽しいのです。

材料

2人分):

大きなサトイモ(※1)
1 cm輪切りを6~8枚
サラダ油
大4
小1/2
ガーリックパウダー
小1/4
カレー粉
小1/2
  • ※1:セレベスや京イモなど、直径が7 cm以上になるサトイモの品種があります。

調理時間

:20 分

作り方

  1. 大きなサトイモの皮をむき、皮のかけらや汚れがある場合は水にくぐらせてからキッチンペーパーなどで拭く。
  2. サトイモを1 cm厚さに切り、塩、ガーリックパウダー、カレー粉を1つの小皿に入れて混ぜておく。
  3. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、サトイモを入れ、表面がカリっとするようにときどき動かしながら焼く。
  4. 良い焼き色がついたらひっくり返し、調味料の半分をまんべんなくかけ、同様に焼く。
  5. 良い焼き色がついたらひっくり返し、調味料の残り半分をまんべんなくかけ、引き続き焼く。
  6. 菜箸がすっとささるようになったら、厚めの1つを取り出して味見をし、中まで火が通っていることが確認できたら、好みで塩加減やスパイス加減を調えて出来上がり。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 京イモやセレベスのような巨大なサトイモの品種を使うと現地のタロイモに味わいが似ます(タロイモもサトイモ類です)。
  • 調味料はそのときキッチンにあるものを適当に使うと言っていました。ちょっとジャンクな味わいに作るとよいので、ガーリックパウダーやカレー粉が合います。

Tips about cuisine

  • 「タロチップス」の英語(クックの公用語)の綴りは「Taro chips」。
  • 「Taro」(タロ)はタロイモ、「Chips」(チップス)はイモ類を薄く切って揚げる料理で、日本語でもチップス。よって「Taro chips」(タロチップス)は「タロイモのチップス」という意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。