青椒炒笋丝(チンジャオチャオスンスー)

  • 中国料理

  • 現地表記

    :青椒炒笋丝(中国普通話)

  • 概要

    :ピーマンとたけのこのシンプル炒め

青椒炒笋丝(チンジャオチャオスンスー)

ピーマンとたけのこは相性が良く、中国でもシンプルな炒め物になります。この「家常菜」(ジャージャンツァイ)すなわち家庭料理らしさが魅力です。中国の厨房をイメージして、出来る限りの強火で、ジャジャッと威勢よく短時間で炒めてください。それはそれは中華の魅力あふれる旨さをかもし出すのです。

材料

2人分):

ピーマン
3~4個
たけのこ(※1)
300 g
サラダ油
大2
小1/2
醤油
小1弱
  • ※1:たけのこはアク抜き処理が終わっているものを使います。

調理時間

作り方

  1. ピーマンはヘタと種を取って縦2つ割りにし、4 mm幅に縦方向に千切りにする。
  2. たけのこは縦2つ割りにし、4 mm幅に斜め45°に千切りにする。
  3. フライパンを強火で熱し、最高に熱くなったらサラダ油を入れ、サラダ油から煙が出る頃にピーマンとたけのこを入れて素早く炒め、塩と醤油を入れて素早く炒め、素早く味見をして塩加減などを好みに整え、急いで皿に取り出す。
  4. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • たけのこは生たけのこから水煮にしたものがよいです。なければ水煮パックを使います。
  • 中国の厨房をイメージして、出来る限りの強火で、ジャジャッと威勢よく短時間で炒めてください。そしてそれを熱いうちに食べてください。美味しさが段違いです。
  • 好みで味の素を少々入れると現地の味に近くなります。

Tips about cuisine

  • 「青椒炒笋丝」(チンジャオチャオスンスー)のピンインは「Qīng jiāo chǎo sǔn sī」。
  • 「青椒」(チンジャオ)はピーマン、「炒」(チャオ)は炒める、「笋」(スン)はたけのこ、「丝」」(スー)は細切りの意味である。よって「青椒炒笋丝」(チンジャオチャオスンスー)はピーマンとたけのこの細切りの炒め物の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。