イガドコンセボージャ

  • :スペイン料理、ジブラルタル料理、アンドラ料理、セウタ料理、メリリャ料理

  • 現地表記

    :Hígado con cebolla(スペイン語)

  • 概要

    :レバーと玉ねぎの炒め煮

イガドコンセボージャ

イベリア半島では意外にイガド(レバー料理)が目立ち、しかもそれがなかなかに美味しく料理されます。たまねぎにじっくりと火が通っていて味わい深いです。レバーは火を通しすぎるとボソボソして美味しくなくなるので、「予熱で10割」すなわちフライパン上では9割を見計らうのが、レバー料理を美味しくするコツです。

材料

2人分):

レバー(※1)
100 g
小1/3
玉ねぎ
1/3個
サラダ油
大2
オリーブオイル
大2
  • ※1:レバーは、豚レバーか牛レバーがよいです。

調理時間

作り方

  1. レバーを6~7mmくらいの厚さにスライスし、まな板に並べて片面に塩をまんべんなくふっておく。
  2. 玉ねぎを、繊維を断つ方向に千切りにする。
  3. 玉ねぎ、サラダ油、オリーブオイルをフライパンに入れて中火にかけ、くたくたになり茶色みがかるまで炒めて、皿に取り出しておく。
  4. 玉ねぎを取り出したあとのフライパンを中火にかけ、レバーをきれいに並べて入れ、レバーに7割火が通ったら裏返す。
  5. レバーにほぼ火が通ったら、レバーを取り出して皿に乗せ、玉ねぎ炒めを乗せて出来上がり。
  6. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • オリーブオイルだけでソテーすると風味が強く出るので、さらっと炒めるためにサラダ油を混ぜています。
  • レバーの血抜きはしなくてよいです。
  • レバーは火を通しすぎるとぼそぼそになるので、予熱で10割火が通るよう、すなわちフライパンの中で完全に火が通らないように注意すると、レバーがぼそぼそせずに美味しくいただけます。

Tips about cuisine

  • 「イガドコンセボージャ」のスペイン語(スペイン、セウタ、メリリャの公用語、ジブラルタルとアンドラで通じやすい言語)の綴りは「Hígado con cebolla」。
  • 「Hígado」(イガド)はレバー、「con」(コン)は「~と」(英語のwith)、「cebolla」(セボージャ)は玉ねぎの意味。よって「Hígado con cebolla」(イガドコンセボージャ)は「レバーと玉ねぎ」の意味になる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。