パスタエカボロ

  • イタリア料理、サンマリノ料理

  • 現地表記

    :Pasta e cavolo(イタリア語)

  • 概要

    :カリフラワーソースのパスタ

パスタエカボロ

これは、とっても優しい味がする、美味しいパスタです。見た目はカルボナーラのようなクリームパスタなのに、一口食べるとカリフラワーの美味しさと甘さが口に広がる美味。食べたときは、カリフラワーのこんな食べ方は初めて!と思いましたし、同時に、意外にレパートリーの少ないカリフラワーにおける、新しい食べ方が発見できて、とても嬉しかったです。カリフラワーのゆで汁でパスタをゆでるもの美味しさに一役買っていると思います。イタリアやサンマリノのレストランのメニューでは見たことがないけれど、各地方の家庭で作られる、家庭のパスタ料理です。

材料

2人分):

オリーブオイル
大4~5(※1)
にんにく
2かけ
乾燥唐辛子
1/2本
カリフラワー
500g(※2)
お湯
1L(※3)
小1弱
パスタ
200g(※4)
パルメザンチーズ
大3(※5)
粗挽き黒こしょう
仕上げにふる量
  • ※1:オリーブオイルは、日本人感覚からすると驚くくらい使用します。油脂が気になるなら大4くらいから始めてみてください。
  • ※2:カリフラワー小さめ1球で500gくらいあると思います。実際に使用するのは細かい房になっている部分のおよそ200gです。
  • ※3:お湯の使用量はパスタの種類や量によって変わってきますが、1L用意しておくとよいです。
  • ※4:ここではスパゲッティを使いました。イタリア現地ではマカロニなどのショートパスタを使うので、スパゲッティを使う場合は半分に折るとよいです。
  • ※5:パルメザンチーズがお好きならもっと増やしてもよいです。

調理時間

作り方

  1. にんにくを薄切りにスライスし、乾燥唐辛子を小口切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと唐辛子を入れて中火で加熱する。
  3. 加熱している間に、カリフラワーを大きなボウルの上で持ち、表面から削るようにして、房の部分を削ぎ落とす。
  4. カリフラワーの房や茎が大きなままだったら、粗いみじん切りにする。
  5. にんにくがきつね色に揚がったら、唐辛子とにんにくを小皿に取り出しておく。
  6. フライパンにカリフラワーを入れて、炒める。
  7. カリフラワーが炒められたら、お湯500mLと塩を加えて中火で20分くらい煮る。
  8. 木べらでフライパンの中のカリフラワーを潰して、なるべく固形分の潰れたソースの状態にする。
  9. お湯を200mLくらい加えて再沸騰してから、パスタを加えて、急いで全体を混ぜる。
  10. パルメザンチーズを数回に分けて加えながら、全体に均一に火が通るように混ぜながら、水が足りなくなりそうなら湯を足しながら、湯が多すぎないようにしながら、味見をして塩加減を調えながら、パスタに芯がなくなるように加熱する。
  11. 器に盛り、粗挽きこしょうをかけて、できあがり。
  12. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 乾燥唐辛子の種も加えて構いません。
  • マカロニやファルファッレなどのショートパスタが合います。よってスパゲッティ使用の場合は半分に折るとよいです。

Tips about cuisine

  • パスタエカボロのイタリア語(イタリアとサンマリノの公用語)の綴りは、「Pasta e Cavolo」。
  • 「Pasta」はパスタ、「e」は英語のand、「Cavolo」はカリフラワーのイタリア語である「Cavolfiore」(カボルフィオーレ)の略称。よって「Pasta e Cavolo」(パスタエカボロ)は、「カリフラワーとパスタ」ひいては「カリフラワーを使って作るパスタ」の意味になる。
  • 「Cavolfiore」(カボルフィオーレ、カリフワラー)を略した「Cavolo」(カボロ)は、カリフラワーの意味をもつが、同時にキャベツという意味にもなる。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です